2018年04月21日

劣悪な環境でも働き続けたら経営者の思うツボ




転職を繰り返して低収入のままアラフォーを迎えた自分を戒める為にこのような記事を書きました。



石にかじりついてでも仕事を続ける




安易な転職でワーキングプアになり、気づけばアラフォー。転職しても今以上の待遇で雇ってもらえるところがないからです。




でも、劣悪な環境で働いて我慢している人には転職を勧めたい。我慢して続けるのはブラック企業の経営者の思うツボです。



知り合いに小規模デイサービスの管理者がいます。送迎も風呂介助もすべて管理者がこなして、1日10時間労働で休みは週1。そんなに働いてもボーナスなしの有給休暇なしで手取り20万いかない。



会社に対してかなり不満があるようです。



私からすると、そんな環境で働き続けるのか理解できません。私と違って責任感が強いと言えばそれまでなんですけど、我慢して劣悪な環境で働き続けているようにしか見えない。




石にかじりついてでも仕事を続けるに書いたことは、ある程度、まともな会社で働いているアラフォーに向けての記事になります。



20代で劣悪な環境で働いている人はさっさと辞めましょう。



我慢して働くのはブラック企業の経営者の思うツボです。






貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。