2018年03月20日

松屋の牛めしが値上げ



松屋フーズ は20日、原材料費や人件費の上昇に対応し、4月3日午後2時から一部商品の値上げを行うと発表した。値上げは、2014年の消費増税時以来4年ぶり。牛めし(並盛)は290円から320円に引き上げる。

同社によると、政府によるセーフガード(緊急輸入制限)の影響も含め牛肉は前年同時期に比べて38%、米も同8%高くなっている。また、アルバイトの時給も上昇傾向が続いている。

「松屋」の約4割の店舗で販売している「牛めし(並盛)」は320円(現行290円)になるほか、約6割で販売している「プレミアム牛めし」については、並盛を380円で据え置き、大盛を520円から530円へ値上げする。

かつて価格競争を繰り広げた牛丼各社は、牛肉や米の価格上昇に苦しんでいる。ゼンショーホールディングス が展開する「すき家」は、昨年11月から牛丼大盛を470円から480円に引き上げている。



ワーキングプアの味方である松屋の牛めし並が40円値上げ。40円値上がりしたとこで、松屋の牛めしは味噌汁ついた値段設定なのですき家に比べると、まだまだ余裕で安い。


大盛りはすき家より90円安いですからね。


私としては松屋の牛めしに人気がないのは意外。松屋は定食が人気だけど、定食食べるならやよい軒で松屋は牛めし一択です。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 21:37| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。