2018年03月05日

衝動的に万引を繰り返すのはクレプトマニア



 栃木県足利市のコンビニエンスストアで万引したとしたとして執行猶予判決を受けたマラソンの元世界選手権代表選手で飲食店店員の原裕美子容疑者(36)=栃木県足利市=が判決後に群馬県内で万引した疑いで逮捕されていたことが分かった。前橋地検太田支部は窃盗罪で原容疑者を起訴した。




万引きの常習者が何回も捕まり、窃盗罪で刑務所に入る。刑期を終えて出所しても数か月後には万引きをしてしまい再逮捕される。クレプトマニアとは、日本語では窃盗症と呼ばれ衝動的な窃盗を繰り返してしまう心の病。財布に買える分のお金が入っていても衝動を抑えきれず窃盗する。


逮捕された原裕美子被告は、380円のお菓子を盗んで逮捕されている。高齢者が生活苦から万引きをするケースと違う。マラソンの日本代表までなった人間が、執行猶予中にも関わらずに380円のお菓子を万引きするのは、クレプトマニアの可能性が非常に高い。


クレプトマニアは刑事罰だけでは治らない。刑務所に入ってる時は万引きをせずにすむが、出所したら再犯する。一種の病気であるが、罪になる分たちが悪い。






貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 20:56| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。