2018年03月01日

フェアではない試合で戦った山中選手



 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチが1日、東京・両国国技館で行われ、挑戦者の同級1位・山中慎介(35=帝拳)が前王者のルイス・ネリ(23=メキシコ)に2回TKO負けを喫し、昨年8月以来の王座返り咲きはならなかった。




山中選手は不利な状況で戦っていた。


世界タイトルマッチなのに2,3キロ体重超過の選手が相手。実質2階級上の選手と戦わないといけなかった。


ボクシングは体重によって階級が別れているスポーツ。1階級違うだけでパンチ力が変わる。ネリのパンチが山中選手にちょっこと当たっただけで山中選手はダウンしている。



ネリの体重超過は確信犯


山中選手はバンダム級を12回防衛。具志堅用高の記録に並ぶ13度目の世界戦でネリと対戦して王座から陥落した。ネリ選手から禁止薬物が検出されたが、食べた肉から出ているとお咎めなし。ネリはメキシコ人、WBC(世界ボクシング評議会)はメキシコにある団体であり、自国の選手を追求しなかったと私は勘ぐっている。


体重超過であろうが試合をするのでファイトマネーは貰える。本来であれば、階級を上げないといけない状況だったが、ネリはジャパンマネーを目当てに体重超過のまま戦った節がある。


山中選手はネームバリューもある。無理に減量してバンダム級のリミットに合わせるより、王者剥奪されても2階級上のアドバンテージ持って試合をしたほうが有利。剥奪されても山中選手を倒した男として階級を上げれば、スパーバンダムやフェザーで上位にランクインされる。


これらを踏まえてネリは確信犯的に体重超過したと思われる。


負けた山中選手は完敗を認めて引退を表明している。ネリが人間的に問題があると発言しているが、不利なルールで戦ったことに対しての文句はない。私であれば、1時間ぐらいどれだけ不利な状況で戦ったかをアピールしそうだが。


試合後に山中選手は引退を表明した。


今回は神の左を見ることなく終わったが、山中選手の左は世界トップクラス。まさしく神の左と呼ぶに相応しかった。


戦い続けた山中選手にお疲れさまと言いたい。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:36| Comment(2) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合の映像みるともう60キロ近い体重でやってますねw。171cmでヘロヘロで減量していた選手の左ストレートなんて怖くなかったでしょうね。山中選手は殴り合いの商売では紳士過ぎたかな。バンタムとJrライトの試合なんか見る価値なかったです。
Posted by 介護職 at 2018年03月03日 00:21
>>介護職さん

不利な状況で戦った山中選手は立派。
確信犯的なネリ選手は今後、日本に呼ぶべきでないです。
Posted by トモ at 2018年03月03日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。