2018年03月01日

どこにでもケツの穴の小さい人はいます



 2016年リオデジャネイロ五輪レスリング女子で五輪4連覇を遂げ、国民栄誉賞を受賞した伊調馨(ALSOK)が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを繰り返し受けたとして、関係者が1月に内閣府の公益認定等委員会に告発状を出していたことが28日、代理人弁護士への取材で分かった。

 告発状によると、2008年北京五輪で伊調が2連覇をした後に、栄氏の指導から離れたことでパワーハラスメントが始まったとしている。練習拠点の警視庁への出入りを禁止したり、男子合宿への参加を認めなかったり、指導を受ける男性コーチに不当な圧力をかけたりしたという。

 一方、栄氏は「けんかもしたことないし、出入り禁止なんて言ったこともない。せっかく一緒に4連覇したのに残念」と告発内容を否定した。



吉田沙保里選手、登坂絵莉選手、土性沙羅選手は栄コーチと一緒にテレビに出てたけど、伊調選手の姿はなかった。


オリンピック4連覇の裏ではコーチと選手の間にドロドロした確執があったとは。


パワハラを受けながらオリンピック4連覇した伊調選手はたいしたもの。本人は否定はしていますが、強化本部長でありながらパワハラで圧力をかけるのはケツの穴が小さい。


金メダル獲得を期待できる選手を潰す人間が強化部長という組織体制は異常。


どこの業界でもこういう人ははいて、実際の介護業界でもこういった輩は存在する。権力をかざして特定の人間に圧力をかける。


そういう人間が介護業界にいること自体不思議に思うのですが、長年そういうポジションに君臨して長年同じことを続けている。


それを理解していない組織のトップは本当のアホ。



今回の記事に限り、文春さんはよくやったと言いたい。不倫記事ばかりではなく、スポーツ界のドロドロした闇を暴いてとことん追求すべき。メンタル的に2年後の東京五輪を考えることはできないと思いますが、伊調選手には、東京五輪で5連覇を達成してほしい。


【追記】


 レスリング女子で五輪4連覇を果たした伊調馨選手(33)が、日本協会の栄和人・選手強化本部長からパワハラ行為を受けたとして、レスリング関係者が内閣府の公益認定等委員会に告発状を送っていた問題で、伊調選手本人は1日、所属のALSOKを通じて「報道されている中で『告発状』については一切関わっておりません」とのコメントを発表した。



一日経過して、伊調選手が告発状に関わっていないことを発表している。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。