2018年02月21日

継続していれば道は開ける



会社のホームページに私の顔写真と名前、ちょっとした経歴が掲載された。掲載されるまでサイトを作る担当者に根掘り葉掘りインタビューされたのでボロボロの経歴を正直に話したのですが、掲載された経歴はかなり盛っている内容でした。私を知っている人間が見れば、盛り過ぎだろうとツッコむと思う。


出来上がったホームページを見て、自分の経歴って自分で作るのではなく他人が作るもんだと、しみじみ思った。


38年生きてきたが、生きていて今が一番楽しい。多少、お金の面で苦労はあるけど、お金以上のものを得ている。


正直、31歳で介護業界に転職した時は、人生詰んだと思っていた。薄給で肉体労働。1歳の子供を抱えて先の見えない未来。老後の心配どころか今を生きるのがやっとこさ。漂流した船に乗っているような状況だった。


今は、船の大きさは変わらないけど、羅針盤を持って前に進んでいる。7年前の時とは違って楽しみがあって、少しばかり未来に希望が持てる。


介護業界でも数回転職したけど、同じことを7年続けているのがいい結果に転んでいるのかもしれない。


ブレずに一つのことをやり続けていると道は開ける。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:19| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント失礼いたします。

継続は大事ですね。何でも続けていれば力になります。それと31歳で1歳の子供がいる時点で詰んでるどころか色んな意味で凄いことだと私には感じられます。そこまでたどり着くのは私にはできませんし、そもそも異性と食事を食べるという現象にたどり着きません。(笑)

方向性がしっかりされているので今後も順調だと思います。私は目先のお金に追われて余裕をなくしがちですが、ここにくると色々気づかされます。ありがとうございます。
Posted by 訪問者 at 2018年02月22日 00:57
トモさん

>38年生きてきたが、生きていて今が一番楽しい。

→これは、素晴らしい言葉ですね。

僕も今が一番充実してますし楽しいです。
仕事は楽しくないと続かないですね。
Posted by たか at 2018年02月22日 06:33
こんばんは

男性介護職、マニュアル化などで検索して辿り着きました。
グループホームで3年目の非常勤のアラフォー男性職員です。
料理もそこそこ、介護技術もそこそこですが
歯に衣着せる物言いで上層部に盾突いたのが災いして
3年間非常勤です(笑)無能に無能ゆーて何が悪いねん!と…(笑)
これが一番やってはいけなかったことだったという…

介護関連のブログだけですが最初から読ませて頂きました。
グループホーム以外にもいろんな世界があるんだと感心しました。

3月に介護福祉士取れたら転職の参考にさせて頂きます。
他職種からの転職組なので介護報酬のこととか数字のことが勉強になりました。
施設職員だと数字に関わらないし管理者でもないと請求にも関われません。
もっともっと勉強してキャリアアップしていこうと思います。

これからもブログ楽しみにしています。
Posted by たけのこ at 2018年02月22日 22:44
>>訪問者さん

飽き性で何をやっても中途半端でしたが、一つのことを続けるとあとから結果が付いてくるということが実感できました。お金も一緒に付いてきてくれたら言う事ないのですけど。
Posted by トモ at 2018年02月23日 22:03
>>たかさん


金銭的な安定も大事ですが、心が充実するのが一番です。

いくらお金があっても心が貧乏だと幸せとは言えないです。
Posted by トモ at 2018年02月23日 22:04
>>たけのこさん

私も施設勤務時代はそうでした。施設長をちょこっとやった時だけ運営ってものが分かりました。
うちのデイサービスは定員18名ですがかなり利益がでています。施設だともっと出るのではと思っています。

私も無能な人間の下で働いている時は全くダメでした。上に逆らっちゃうとまずいですね。介護業界はゴマすりが上手だと出世も早いのは身に染みて分かりました。上に上がりたいのであれば自分を押し殺す必要があります。

Posted by トモ at 2018年02月23日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。