2018年01月06日

年商10億に満たない会社の社長の給料



1月3日に執行役員に連れられて社長宅に新年の挨拶に行った。社長宅で呑めない酒を飲まされるわ、今年の抱負を言わされるわで時間が過ぎた


帰りの電車で執行役員と話をした。酔っていたこともあり執行役員に「ぶっちゃけ給料いくらなんですか?」と聞いたところ「50万」とあっさり言われた。執行役員は私より6歳年上の43歳ですが、給与だけで年収600万。賞与を入れると600万円後半はいくだろうなと、頭ですぐに計算した。ちなみに執行役員はケアマネ、社会福祉士、介護福祉士を所持しています。


執行役員が教えてくれたが、平取締役で60万、常務、専務クラスで80万、社長は100万円らしい。平取締役以上は賞与は年1回で、社長の賞与は150万円とか・・・・


社長の年収1350万円也


年商10億円に満たないとはいえ、社長にもなるといい給料が貰えるってことです。私はいいとこ60万ぐらいと思っていました、ギリギリ中小企業って言えるくらいの規模ですからね。でも、社長になると100万くらいの報酬は貰えるということです。


私の給料はどれくらいまで上がるのだろう? 


年収400万超えるときは来るのか? 


一生、来ないような気がする。


社長の給料を聞いて一気に酔いが醒めました。




貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:社長の給料
posted by トモ at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。