2017年12月21日

NHK職員が受信料を着服



 NHKは21日、訪問集金した受信料21件分、約58万円を着服したとして、名古屋放送局中央営業センター勤務の男性職員(37)を同日付で懲戒免職としたことを発表した。発令は28日の予定。

 会見した平賀和幸リスク管理部長によると、この男性職員は昨年10月から今年12月にかけて愛知県内で訪問集金により受け取った受信料21件分約58万円を着服したもの。収納の際、訪問先に領収証を発行したが、その後システムから発行履歴を消去。入金せずに報告もしていなかったという。

 今年9月に支払ったはずの受信料の請求が来たという視聴者からの問い合わせがあったが、この職員が対応に際して虚偽の報告記録を残し隠蔽もしていた。今月5日、別の職員がこの対応記録を不審に思い、調査して着服が発覚した。NHKは「公共放送の職員としてあるまじき行為。厳しく対処した」と懲戒免職処分とした。職員は着服の動機について「親族の病気の治療で借金があった」と話しているという。着服した金額は、今月20日に全額を弁済した。

 NHKは刑事告訴を検討している。また今回の不祥事を受け、営業管理システムの改修し、職員自ら情報や記録を修正できないようにするなど再発防止策を実施した。

 NHKの受信料に関しては、今月6日に最高裁が、NHK受信契約の義務規定を初めて「合憲」と判断し、注目が集まった。そんな中での不祥事に、中田裕之理事は「今回の事案を重く厳粛に受け止め視聴者の皆さまにおわびいたします」と謝罪。今後の業務管理を一層徹底していくという。

 今回の不祥事で男性の上司7人も同日付で出勤停止または訓告の処分としたほか、担当の松原洋一理事が報酬の10%を1カ月、自主返納する。



訪問する人間なんて信用できない。受信料を払ったという証拠を残すためにスマホで撮影させてもらおうかな。


担当の松原洋一理事が報酬の10%を1カ月、自主返納していると書いているが、元々は価値のないものにお金を払わされているみかじめ料から出ている給料。目が飛び出るほどの給与を貰っているので10%返納したところで痛くも痒くもない。


相次ぐNHK職員の不祥事。一体、何を信じていいのか分からない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:40| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はNHKなんぞ20年払っていない。未契約です。ただの圧力団体でしょw。集金人は1件契約で1万5千円はいるのだとかw。まあ集金人という人間でまともな感じの人はいませんでしたね。
一生無視します。NHKの平均年収1500万でなんで300万台の俺がカツアゲされるのが意味不明です。社会性などいらないのです、格差拡大の悪法です。
Posted by 介護職 at 2017年12月21日 23:35
>>介護職さん

同じく未契約です。アホなNHK職員の給料になると考えるとアホらしくて払えないです。
Posted by トモ at 2017年12月23日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。