2017年09月22日

新規を獲り続けない死を意味する



今年1月から8月までの介護サービス事業者の倒産が62件にのぼっていることが、東京商工リサーチの調査で明らかになった。年間の件数が108件で過去最多を記録した昨年(8月までは62件)と同じ水準。引き続き厳しい経営環境にあることが改めて浮き彫りになった。



昨年の倒産件数は108件で負債総額は94億600万円。今年は62件で負債総額121億7000万円と、昨年の負債総額を30億円近くも上回っている。


うちの会社も黒字ではありますが、介護度の重い利用者の長期入院や施設への入居が相次いで、全体的に10%の売上ダウンといったところ。


訪問介護事業もデイサービス事業も新規を獲り続けない死を意味する。


来年の介護報酬の改定で、デイサービス閉鎖ということにならないためにも新規を獲り続けるしかない。その為にも1日でも早く黒字化してデイに投資した分を回収して会社の中で利益の出る事業に押し上げたい。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:29| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。