2017年09月14日

東京地裁の判決に胸をなでおろす



朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校高級部の卒業生が国に損害賠償を求めた訴訟で13日、東京地裁が原告側の請求を棄却した判決を受け、文部科学省内には安堵感が広がった。



7月28日の大阪地裁判決が国に無償化適用を命じた判決が出たので、どうなるかと見守っていましたが、東京地裁の裁判官は正しい判決を下した。


この判決に対して、大学4年の男子学生(21)は「民族教育が否定され日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決に憤りを隠せない」と述べた。女子学生(22)は「当然勝てると思って楽しみにしていた。悔しい思いでいっぱい。絶対にここで終わらない」と語り、目に涙を浮かべた。


私には在日韓国人、在日朝鮮人の知人がいる。ちなみに従妹のお姉ちゃんは在日韓国人の家に嫁いでおり、1年に1回は従妹のお姉ちゃんに招いてもらい韓国料理をご馳走になる。人種差別などしない人間であることを踏まえて発言させていただく。


「日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決」と語る大学生に言いたい。


脱北した人は、北朝鮮には人間としての権利、自由はないとテレビで語っている。そういった現状を理解していないのか? 


脱北者がテレビで顔出しをして北朝鮮の現状を話すのはリスクがある。いつ、どこで何時、危ない目に合うか分からない。それを覚悟してテレビで発言している。 


北朝鮮で住んだことがない人間が、朝鮮人として生きる権利を奪われたなどよく言える。



北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は14日の声明で、日本列島を核兵器で「沈める」と警告するとともに、最近の核実験に対する追加制裁決議を行った国連を破壊して「廃墟と暗黒」にすると威嚇した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。



日本については「4つの列島でできた国は、主体(チュチェ)思想の核爆弾で海に沈めるべきだ。日本はもはや、わが国の近くに存在する必要がない」と発言している。


このことについて、大学4年の男子学生はどう考えるのか? 日本を海に沈めようと威嚇している国の思想を教える学校に税金を投入することはできない。


それでも朝鮮人としての権利や誇りを主張したいのであれば、自由や権利のない北朝鮮に帰国することを勧める。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:13| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全くの同意です。
Posted by ねこ at 2017年09月18日 19:47
>>ねこさん

ありがとう。同じ考えの人がいてホッとしました。
Posted by トモ at 2017年09月18日 22:38
実家の近くに朝鮮学校がありました。
とても個性的な方々が通われてると思ってました。
この件では駅前で署名を集めていましたが昔から個性的なイメージしかなかったのでスルーしました。
日本は金の成る木ではありません。
Posted by 通りすがり at 2017年09月19日 16:07
>>通りすがりさん


朝鮮総連の借金問題もあります。
無駄なお金は遣ってほしくないです。
Posted by トモ at 2017年09月19日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。