2017年08月28日

政務活動費という打ち出の小槌を使った代償



今井絵里子参議院議員との不倫疑惑に政策チラシの架空発注の橋本市議。会見では架空発注を否定していたが、会見を行う直前に業者側に口裏あわせを依頼するメールを送っていたことが判明している。


言い逃れはできないと考えたのであろう。近いうちに議員を辞職するようです。


今井絵里子参議院議員との不倫疑惑を否定する会見からこの男は嘘をつく人間であると思っていた。その場しのぎで逃げ切ろうというのが見え見え。髪が濡れたままで、パジャマでホテルの廊下を歩く今井絵里子参議院議員。誰が見ても男女の関係になっているのは明らか。


その上で平然と会見に出てきて苦し紛れの言い訳をする政治家を誰が信用するのか?


数年前に野々村県会議員が政務活動費の不適切な支出で詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われ懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決が出ている。


橋本市議の逮捕もあり得る。


今まで言い逃れしてきたけど、もう逃げれない。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。