2017年08月24日

ストック型のビジネスは売上も安定するが精神はもっと安定する



昨年の6月から10カ月は訪問介護事業のサ責として働き、現在はデイサービスの管理者をしている。サ責の時と同じでデイサービスの管理者の仕事は現場に出ながら利用者を集客するのが仕事になります。


開業した地域では後発組になりますので、開業前はうまく集客ができるか不安になることもありました。自社のケアマネがいたので、ゼロからのスタートではなく、ある程度の利用者を抱えてのスタートできたことが今のところうまく行っっている。


他業種と違って、薄利の商売ですがデイサービスの営業は精神的に楽です。物を仕入れて売って利ザヤを稼ぐ商売と違って、顧客を掴めば継続的に収入を得ることができる。イメージとしては携帯の料金、電気代やガス代のような感覚。


とは言ってもオープンして4カ月が経過しようとしているが、損益分岐点には達していなく赤字を垂れ流している状態。


訪問介護の方で利益が出ているので、デイサービスの売上のことをうるさく言われることはありませんが、管理者である以上は、早く黒字化したいとこです。


来月には200万に乗せて年内に300万円、来年3月には400万円と伸ばしていきたい。




貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 00:12| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。