2017年08月03日

村田諒太がアッサン・エンダムとの再戦が決定



10月22日に東京・両国国技館で、WBA世界ミドル級王者アッサン・エンダムと五輪ミドル級金メダリストでWBA同級1位の村田諒太の再戦が決定した。5月20日に有明コロシアムで行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で、不可解な判定との報道が多々あり、WBAのメンドーサ会長が判定を批判する声明文を出して、エンダムの勝利を支持したジャッジ2人を6カ月の資格停止処分にしている。


せっかくWBAミドル級のチャンピオンになったエンダム選手もWBAのトップが声明文を出し、不可解な判定と報道されたら勝った気がしない。私は日本人なので当然、村田選手を応援しますが、あれだけ各方面から叩かれたエンダム選手にも頑張ってもらいたい。


前回の試合では有効打をとるか、手数をとるかで判定が割れてしまった。私は有効打の多い村田選手が優勢に見えましたが、見る人によってはエンダムが優勢と取るのかもしれない。私の見解では、村田選手の手数の少なさは、勝ちを意識し過ぎた為、少なくなったと、考えている。


ダウンも獲ったし、無理に攻めてラッキーパンチを貰い形成が逆転を恐れた安全運転のように見えた。現に詰めるとこで詰め切れていなかった。村田選手はロンドンオリンピックの金メダリスト。KO勝利より、勝つことに拘ったのかもしれない。KO勝利だろうが、判定勝利だろうが世界チャンピオンとして名を刻みたかったのかも。それだけ、ミドル級の世界戦は誰でも挑戦できることではないのです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:05| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。