2017年08月02日

日本長者番付2017の1位は、あの人!



 米経済誌フォーブスの日本版「フォーブス・ジャパン」は2017年4月、「日本長者番付 2017」を発表した。


l2b371d8r57tu6m4wu7i.jpeg


日本の富豪1位に選ばれたのは、資産額2兆2640億円でソフトバンクの孫正義社長。前回は2位でしたが自社の株価が高騰して資産総額が一気に膨れ上がりました。



私とソフトバンク株


私がソフトバンク株を買ったのは、2005年。ヤフーBBのADSLが普及してソフトバンクが黒字化したころに購入した。当時は自己啓発の一つとして、ソフトバンクの孫正義社長、サイバーエージェントの藤田晋社長、ライブドアの堀江貴文社長の本を読み漁っていました。


孫正義社長の本で、一番心に残ったエピソードの一つは、月間何十万件と申し込みのあるヤフーBBの工事をこなせないNTTに苛立ち、総務省に駆け込むが解決ならなかった時に役人に対して、 「私は今回の通信事業に命をかけている。総務省のせいで通信事業がうまくいかないというのなら、生きていてもしょうがない。ついては、これからガソリンをかぶって火をつけるから、火をつけるためのライターを貸せ」と、言い放った。


大の大人が言ったとなると、かなりぶっ飛んだ発言になりますが、孫正義社長だからエピソードの一つとして本に書かれたのだ。そんなことでソフトバンクの孫正義社に惚れこんでソフトバンク株をちょこちょこ買い増してたのですが、孫正義社長は大きな一手を打つ。


ボーダフォンの買収である。


自社の売り上げ以上の資金を借り入れて買収に成功したのでだけど、ある懸念があった。ナンバーポータービリティが始まると、一気にボーダフォンの利用者は激減するのはないかと。案の定、ナンバーポータビリティ導入時はドコモやAUに移行する人が後を絶たなかった。


孫正義社長に惚れこみ、ソフトバンク株を買い続けていた私はソフトバンク株を手放す選択をするのです。当時は40万ぐらい儲かって、自分は投資の天才ではないかと勘違いをしたのですが・・・・


ソフトバンクの現在の時価総額は9兆8000億円。一時は10兆円を超えていました。今、ソフトバンク株を持っていたら40万円の含み益どころの話ではない。あれ以来、ソフトバンク株を買うことはなくなった。ジリジリ株価を上げるソフトバンク株を指を咥えてみるしかなさそうです。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。