2017年07月27日

今井絵理子議員は男好き



週刊新潮に神戸市議との不倫疑惑が報じられた今井絵理子議員が報道各社にFAXを送った。


「私の軽率な行動により多大な御迷惑とご心配をおかけしたことに対しまして、深くお詫び申し上げます」

 「市議から『長いこと結婚生活は破たんしていて、別居している。妻と離婚の協議をしているが、近く離婚調停になる』というお話を聞きました」「そして最近になって市議から交際の申し込みがありました」と、市議側からアプローチがあったことを証言。「私も好意を抱いていたのは事実」としながらも、まだ法律上は妻帯者であることから、「きちんとけじめをつけてから考えましょう」と言い、「今日までこの約束を守ってもらっています」とした。

 ただ、新幹線内で神戸市議と手をつないで寝ている掲載写真などが出たことには「疑いの目を向けられるのはごもっともなことだと思い、深く深く反省しています」と謝罪した。

「ただ、これだけは言わせてください。雑誌のタイトルにあるような『略奪不倫』ではありません。断じてないということを言わせて頂きます」




軽率すぎる行動です。略奪愛ではないと弁明したところで信用できない。妻帯者の男性と同じホテルの部屋で一泊していて一線を越えていないとの言い訳も見苦しい。


今井絵理子議員には、参院選出馬表明をした時期に逮捕歴のあった男性と交際しているとの報道があった。その男性は、闇金などの裏の世界で金を稼ぎ、そのお金で風俗店を経営。中学生を働かせて、風営法および児童福祉法違反容で逮捕されている。その風俗店には今井議員も出資をしていたなどの噂がありましたが、噂があったまま参院選に出馬して当選している。


当時、今井絵理子議員は所属事務所を通じて「経営を譲渡した店で事件が起こったが、本人は不起訴になったと聞いています。それ以上の詳しいことは判らないです」と言い訳をしている。


週刊誌の記事をどこまで信用するかは人それぞれの判断になりますが、国会議員に立候補する人間が、そのような疑惑があるといけない。逮捕歴(風営法および児童福祉法違反容)のある男性と交際をするぐらいだから不倫なんて大したことがないとでも思っているように感じます。


税金でグリーン車に乗り、手つなぎデート。子供をほったらかして妻帯者の男性とホテルで一泊。疑いの目を向けられてもしょうがないというか、不倫以外は当てはまらない。不倫報道は今井絵理子議員及び、橋本神戸市議に近い人物がリークして発覚したに違いない。議員の先生が自分で新幹線のグリーン車や宿泊するホテルを手配するとは思えない。


聴覚障害を抱える長男を持つシングルマザーであることを前面に押し出していますが、男をコロコロ変えて男なしでは生きれないのでしょう。国会議員という立場で不倫できるのは男好きととられてもしょうがない。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック