2017年07月21日

ケースワーカーが生活保護受給者に襲われる事件



21日午後0時15分ごろ、大阪府東大阪市西鴻池町の理容店兼住居の1階店舗で、生活保護受給の話し合いに訪れた同市非常勤職員の女性(44)が、同店経営の男に金づちで頭を殴られた。女性は額から出血しながらも、住居手前の扉に鍵を閉めて2階へ避難。男が金づちで扉を壊して追いかけて来たため、女性は2階の窓から地上に飛び降り、近くの交番に駆け込んだ。女性は着地時に右足を骨折するなどして重傷。

 大阪府警河内署は殺人未遂容疑で、この住居に住む同店経営、阪田晃弘容疑者(81)を現行犯逮捕した。「殺してやろうと思った」と容疑を認めている。同署によると、阪田容疑者は市から生活保護を受給。ケースワーカー担当の女性と話し合いをしていた際、金づちを複数回振り回したという。

 同署は受給をめぐるトラブルがあったとみて調べる




この記事を見るだけだった生活保護受給者の男性を咎めるのですが、金づちで襲うくらい腹が立ったのだから女性のケースワーカーの対応にも問題がある。そもそも保護課で働く人間は、偉そうに振舞う。非常勤職員だろうが、生活保護を受給させてやっているという上から目線で対応しがちになる。


実際、ケースワーカーと生活保護受給者の会話を聞いたことがある。女性のケースワーカーだったが、「まだ、ボケとらへんな」と、上から目線の対応に驚いた。私は第三者として立ち会っていただけなので口は出しませんでした。保護課で働くケースワーカーの資質も問題なのです。


かといって、殺人未遂肯定するつもりはありません。生活保護を受給している、していないに関わらず、金づちで人を襲う人間は即刻、刑務所行きにしてもらいたい。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東大阪市のケースワーカーの非常勤職員試験を受けたことがありましたが不採用でした。この様な事件があると不採用で良かったなと安堵してます
Posted by 無職の男性 at 2017年07月22日 02:45
ある程度の上からは仕方無いかと思いますよ。お客様対応でもしたら、それこそ受給者が増えたり更に働く意欲が無くなる受給者も出て来るでしょう。病気や障害のある方は別として受給される側に問題は必ずありますから、ある程度突き放す事が真面目に働いている人を守る事になりますよ。
Posted by ぼん at 2017年07月23日 04:07
>>無職の男性さん

被害にあわなくて良かった。
非正規社員なんかで命張れないです
Posted by トモ at 2017年07月23日 06:27
>>ぼんさん

税金で飯を食っているのに自分が偉いと勘違いしている輩は多いです。

Posted by トモ at 2017年07月23日 06:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック