2017年07月01日

安倍総理が介護の人材不足の対応に散り組む



安倍総理大臣は、原発事故に伴う避難指示がことし3月末に解除された福島県飯舘村の特別養護老人ホームを視察に訪れ、介護人材の不足に対応するため、就職準備金の引き上げなどの支援に積極的に取り組む考えを示しました。



飯舘村の特別養護老人ホームの施設関係者から避難指示が解除されても介護士や看護師が不足している。希望するお年寄りが入所できていない現状などを安倍総理大臣に伝えている。これに対し安倍総理大臣は「この地域で介護の仕事に進めるよう、国などからの就職準備金を引き上げたい。また応援で介護人材を出してくれている全国の施設を支援したい」と述べている。


施設勤務時代、賞与支給後に一斉に退職者が出たことがありました。人材を募集しても応募が来ず、カツカツのシフトで運営。上層部は退職者が出ても現場は回っていると勘違いする始末。


何故、離職するのか? 求人の応募が来ないのか? 法人全体で考えないといけない。




貧乏日記 ブログランキングへ



あべ
posted by トモ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック