2017年07月02日

生涯平均年収600万円のハードルは高すぎる



年金だけで生活している利用者が、贅沢していないのにお金がすぐになくなる。年金だけでは足りないと愚痴をこぼしていた。私は年金生活者ではありませんが、最近は自分のものを買っていない。多少、家計に余裕が出たからと言っても、考えてお金を遣っている。


たまには、何も考えずに10万円ぐらいパーッと遣いたいと思うことがあります。後のことを考えると実行に移せずにいますが。


JK92_hohohiji20150222103753_TP_V.jpg



子供の将来のことを考えると、老後はなるべく子供の世話にならないようにして1円でも多くお金を残してやりたいと考えますが、年金受給者の約8割が年金だけで生活できないという現実があります。年金で生活できるのは生涯平均年収が600万円の人だけと、統計も出ています。


生涯平均年収600万円ってハードルが高すぎます。私は1度も年収600万円をクリアしたことがないし、これから先も年収600万円を超えそうにない。私みたいな低所得の人は貯蓄するか、個人年金をかけるしかない。


生涯平均年収600万円だったらそれなりに貯蓄もあるだろうし、年金のみで生活できるので、お金もどんどん貯まる。私が年老いた頃は、もっと格差が広がっている。その前に定年が70歳とかが普通になっていそうだ。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック