2017年05月09日

ストレスのない環境で働くことを優先する



新入社員にアンケートを取ったところ、給料が増えることよりも休日が増えることを望んでいる人が多いとの結果だった。この調査は、平成16年度からおこなっているが、「給料」を「休日」を上回ったのは初めてのこと。お金より充実したプライベートを大切にしたい。昔より会社に尽くすという意識が薄れてきているのが分かります。


私の一番の望みは、「ストレスのない環境」で働けることです。社会に出て17年目になりますが、前々職の有料老人ホームでストレスが溜まる環境で働いて、人生で初めて心がパキっと折れてしまったことが少なからずトラウマになっています。


現場を仕切きる一人の人間から嫌がらせをされただけですが、かなり精神的にやられてしまいました。ミスなんかしていないのに重箱の隅を楊枝でほじくるように指摘してくるので、何をやるにもミスしたら駄目と、ビクビクしながらその期間は過ごしていた。その期間だけは自分は仕事ができない人間なのではないかと疑心暗鬼になりました。


私は転職という決断をしてストレスを溜める環境から逃げたわけです。あのまま続けてても得るものはなく、新入社員に嫌がらせをするという幼稚なことに付き合うつもりはない。


私はその張本人を優秀だとは、1ミリも思ったことはありません。自分が働きやすいしょうもないルールを作り、自分のストレスを発散する人間だったので、周りはしょうがなく仕事のできる人であるとおだてる。その張本人は、おだてられているとは知らず、勘違いを起こして自分は仕事ができると思い込んで傍若無人な態度をとるので、負の連鎖の無限ループが続く。


離職率を高い環境を作る人間に現場を任せるのはどうかと思いますが、こういった事例はちょくちょく聞きます。そういった人間とは一緒に仕事をしたくないので、私は収入より休日より、人間関係が良くてストレスを溜めない環境で働くことを一番に優先するのです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック