2017年05月08日

ワークングプアの人が増え続けると生活保護受給者だらけになる



年収100円万で生活する人みたいなワーキングプアの記事を目にする。親の介護、鬱病などで非正規社員になったような記事が多い。40代で非正規社員から正社員になるのは至難の業。一度、正社員の道から外れると元のレールに戻るのは難しい。


CCC9V9A9993_TP_V.jpg



非正規社員になって収入が激減するとワーキングプアになる。ワーキンプアは、病気になっても病院に行く余裕がなくて病院に行けない。そして病気が悪化して働けなくなり生活保護の道を歩むというような状況になる。ワーキングプアが増え続けると、将来、生活保護を受ける人が多くなるという構造になる。


私の場合、36歳で病気になり仕事を退職した。妻のおかげでなんとか治療がうまくいき、訪問介護事業所のサ責に滑りこむことができた。これが45歳だったら今回のようにいったか分からない。正社員として働けていることを有難く思う。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449693371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック