2017年05月02日

生き残りをかけて



今まで訪問介護事業所のサ責として自分のペースで働いていましたが、デイサービスの管理者になるということで、会社から求められることが多くなっています。


0I9A114915030133prezen-thumb-1000xauto-18949.jpg


訪問介護事業所で利益を出すのは難しくありません。1年弱しか経験してませんが、赤字になるほうが難しいとさえ思っています。しかし、デイサービスとなると勝手が違ってきます。デイサービスを開業するにあたり、そこそこのお金がかかっていますし、出店する地区には同業他社がしのぎを削っている。


自社のケアマネを抱えているので、初月からある程度の利用者を抱えてスタートできますが、後発組ということを考えると、同業他社に勝つよりもまずは生き残れるかの問題。2018年の介護報酬改定までにある程度の利益が出る状態にしないと開業1年で閉鎖ということもありうる。


1号店で失敗は許されない。デイサービスの事業を社内で一番利益の出る事業にしたい。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック