2017年04月30日

年収が低くなるほど離婚意識が高まるという結果



与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターが、2017年4月28日、第4回「離婚したくなる亭主の仕事」調査結果を発表した。 まず、夫の仕事に対する不満があるかと聞いたところ、「不満がある」(50.2%)が、「不満はない」(49.8%)を上回った。


夫の年収別に不満の有無を集計したところ、「300万円未満」(65.1%)が最も不満が高く、次いで「300万円以上400万円未満」(64.5%)、「400万円以上500万円未満」(59.3%)と、年収が低くなるほど不満の度合いが高まっていることがわかる。

特に世帯年収が500万円未満の家庭においては、夫の仕事に不満の矛先が向けられやすい傾向にあることがわかる。さらに「夫の仕事を原因とする離婚意識の有無」を調査したところ、「夫の仕事が原因で離婚したい」と考えている妻が全体の8.2%いた。

これも夫の年収別に見てみると、「300 万円未満」(16.9%)が最も高く、次いで「300万円以上400万円未満」(10.3%)、「500万円以上600万円未満」(7.4%)だった。




私は年収300万台に位置する人間なので、もしかすると妻は私に不満があるかもしれない。妻に聞いても低収入を知ったうえで結婚したからなんとも思わないとか答えそう。自分の年収の低さを肯定する訳ではないですが、夫婦が協力し合って家族と一緒にいる時間を確保するのが、我が家にとってはいいのかと考えています。



貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:年収 離婚意識
posted by トモ at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、その通りかも でもなんて言ったらいいか、伝わりにくいかもしないけど、慢心すると女の人は見透かすから気をつけましょう 慢心してるって批判してるわけじゃないからね
Posted by mura at 2017年04月30日 22:23
>>muraさん

勘違いしやすい性格なので気を付けます
Posted by トモ at 2017年04月30日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック