2017年04月02日

二兎を追う者は一兎をも得ずにならなければいいが・・・・



デイサービスの管理者に任命されてから本社での勤務と訪問介護事業所での勤務が半々になっている。今月からは8対2ぐらいの割合で本社での勤務が増えそう。本社勤務が増えることで、私がケアに入れなくなる分は、ケアマネに一旦返して、他事業所がケアに入っている。夏場の暑い時期に自転車で居宅を回って獲った仕事なので、やるせない気持ちになる。


一応は、私が抜けるかわりの人材としてサ責の募集をして奇跡的に経験6年の介護福祉士を採用できたのですが、1日出勤しただけで退職をするという事態も起きてしまい所長はヒステリック気味。私が抜けると事業所が回らなくなると、本社とやり合い収拾がつかなくない。解決策として私が訪問介護事業の方に残ると提案したのですが、本社は聞く耳持たずで所長に対して怒り心頭。訪問介護事業がどうなっても私がデイの管理者になることは決定事項のようです。


どこの事業所も人手不足で応援を出すこともできず、所長の帰りは毎日、深夜だとか。私が入社してからは私がほとんど事務作業をやっていたので、慣れない事務作業に悪戦苦闘しているのが目に浮かぶ。


私的にはデイの管理者としてステップアップできるのは、給与も上がるし魅力的ではありますが、訪問介護事業所の行く末が気になります。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこの職場も大変ですね・・・。

私の夫は施設長になったのですが、「利用者さんの数=売り上げを伸ばせなかった」という理由で、昇進してから半年強で施設長代理に降格&減給されました。門外漢の私からしたら「利用者さんの数を増やすのは施設長の仕事じゃないのでは?」と思うのですが、介護の世界では普通のことなんでしょうか?
Posted by 星羅 at 2017年04月03日 06:46
>>星羅さん

介護業界は人手不足です。

私も施設長時代は入居率をうるさく言われました。個人的には半年で判断するのではなく、1年ぐらいは様子を見てほしいですけど。

Posted by トモ at 2017年04月03日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック