2017年03月29日

ファミリーマートが週休3日制を導入



 ファミリーマートは3月29日、週休3日制の導入を検討していることを明らかにした。

 日本経済新聞が同日報じた。ファミリーマートはITmedia ビジネスオンラインの取材に対し、「検討段階であり、正式決定はしていない」(広報部)と述べた。

 日経新聞によると、週休3日は2017年度下期から、親の介護など一定の理由を条件として、全社員約5800人を対象に導入。週休2日制と同じ週30時間以上の勤務を条件に、週4日の勤務を認めるという。



2011年10月から2012年9月の1年間で、親の介護を理由に介護離職をした人は10万人以上いる。会社で重要なポジションに就いているのに、親の介護で仕事を辞めざる得ないのは企業としても痛手になる。


介護休暇が認めらているとは言っても、周りの目もあって利用するのは難しい。といか介護休暇を取っている人は極少数。介護休暇が原因で、重要なポジションから降ろされたり、復帰した時に職場に居づらくなって転職するケースもある。


私みたいな人間だったら、転職しても何ら変わりはありませんが、一つの企業で何十年と付き重ねて働き続けてきた人の転職は訳が違う。年収も大幅にダウンする可能性もあるだろうし、下手すれば無職になることもある。


そういった意味で、ファミリーマート週休3日制は親の介護を必要とする人にとっては有り難い話。他の企業でも週休3日制を導入すればよいと考える。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック