2017年03月27日

妻と同じ職場で働いてます



妻が登録ヘルパーとして同じ訪問介護事業所で働き始めました。慢性な人手不足で事業所的には大助かりで、パート代も入って世帯収入も増えて家計も大助かり。


妻は私のことを仕事のできない人間だと思ってたみたいです。小さい事業所ではありますが、重要なポジションについていることに少々、驚いている様子。結婚前も結婚後も転職を繰り返していると、自分の夫は仕事ができる人でないと思うのが普通。ぶっちゃけた話、仕事ができる、できないというより社員二人しかいませんので、仕事をしないと事業所が回らないだけです。


職場のみんなは、妻の容姿に驚いているというか、私の妻であることに驚いています。本社の人がたまたま来ていて、「綺麗な人が入ったね」と、言われたんで、「俺の嫁です」と言うと、驚いた表情をしてました。どうやら私と妻は夫婦であるとリンクしないみたいです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デイの開所予定日は決まりましたか?

居抜きなら早いでしょうけど、一から施設を作るなら結構時間がかかりますね。
大和ハウスかなあ。(笑)
たぶん二階建てにして、一階がデイ、二階に訪問・居宅の事務所を作るんでしょうね。

まず物件を見つけて、指定機関と事前協議してから工事着工。
工事してる間にスタッフを募集。
椅子やテーブル、FAX、車いす、送迎車など備品の準備。事務機器は引っ越してくる訪問のをそのまま使用?
工事が完了したら、書類をそろえて指定機関に申請して、指定をうける。書類は会社が契約してる社会保険労務士にたのむ。

デイが開所したら、引っ越しして、奥さんもデイで働くんでしょうか。
いいスタッフがすぐ見つかるといいですね。
近かったら、働いてみたいな。(笑)
Posted by デイちゃん at 2017年03月27日 18:16
>>デイちゃん

予定日は決まりました。前はコンビニだったテナント借りて内装工事中です。コンビニって意外と広いです。

書類関係、人の募集は本社がやります。

子供らの学校、保育所の関係で通勤になりました。通勤に1時間15分ぐらいかかります。

デイちゃんと働けたら心強いですね。
Posted by トモ at 2017年03月27日 22:35
そうですか。
デイはフロアが3平方メートル×利用人数など設置基準がありますが、定員が18人なら54平方メートルだから、そんなに広くなくていいですね。
小規模だと、民家型で普通の家みたいなデイもありますからね。
もとコンビニなら、駐車場もあるし、水回りも使えそう。でもどうせならコンビニ残しといてデイ利用ついでに買い物できたら便利なのに・・・って、それは法律でできないんですよね。

私の会社は、同じ県内で、つぶれたデイをそのまま買い取って、新しくデイをはじめたんですが、そもそもつぶれたのは利用者がいなかったからでしょ?・・と思ったら、案の定利用者いなくて赤字たれながしですねえ。(笑)

でも通勤が1時間・・はちょっとつらいですね。もうちょっと近いとよかったんだけど。

具体的に、今、施設長としてしなきゃいけないことは、何か言われていますか?
レクや体操とか、デイでする内容を考えとけ、とか。(笑)
営業したりはまだ先ですしね。
とりあえずは訪問のひきつぎですかね。
スタッフ決まったら、研修しなきゃいけないけど、それまでにサービスのマニュアルを作らなきゃいけないですね。
Posted by デイちゃん at 2017年03月27日 22:54
>>デイちゃん


色んな基準があるのですね。


マンションの1階でやる予定なので、駐車場はないので契約する必要があります。今のところはハイエース1台と普通車1台でいくみたいです。

通勤の1時間15分はしんどいです。1時間以上の電車通勤は数年してませんから。

デイのプログラム的なことは何も言われていないです。とりあえず私を管理者兼生活相談員に置くぐらいしか決まってません。

見切り発車的な感じがしますが、そういうのは慣れているので、なるようになれと考えています。
Posted by トモ at 2017年03月27日 23:44
そうなんですか?
駐車場がないってことは、従業員用の駐車場もないんですね。どっか借りるのかなあ。
近くで見つかるといいですけど、駐車場から遠いとなると面倒ですね。

ハイエースは10人乗りで、運転手と介助員以外に、利用者さんは8人乗れますが、助手席には普通乗せないので(安全性の面からと助手席は乗り降りが難しいから)、7人ですね。
車いすが2席、普通座席が5席。
普通車両はキューブとかですか?キューブなら、車いすも1台乗れますが、そうでないなら、運転手1人と利用者3〜4人ですね。
利用者18人連れてくるなら、遠方から順番にのせて、ハイエース7人、普通車4人でいったんデイで利用者をおろしてから、もう一回近隣の方を迎えに行って(ピストンと言います)、ハイエース4人、普通車3人で、トータル18人ですね。
いったんデイで利用者さんをおろすので、当然その時間には送迎に出ずフロアで見守りするスタッフが必要になります。
近隣ばかりじゃないと、1時間以内で帰ってくるのはちょっと難しいかも。車いすの方は乗り降りに時間がかかりますので。
サービス提供の開始時間から送迎にかかる時間をひいて、送迎の出発時間を出さないといけないけど、利用者さんにはだいたい何時ごろ迎えに行くか伝えないといけないので、お迎えが早すぎたり遅かったりと、はじめは結構ドタバタするかも。
「9:00に迎えに行きます」と言ったのに、9:30になっちゃって、仕事に行く家族が家を出れなくて困ったり。
また、車いすの利用者ばかりだと乗せられないので、車いすの方の数に制限があります。が、車いすの方でも普通の座席に座れるなら、座ってもらって車いすはたたんで車に積むことも可能です。

とりあえず、デイサービスの人員基準や設備基準は覚えといた方がいいと思います。
また料金の説明をしなきゃいけないので、小規模デイの介護報酬は大体覚えて、例えば介護2の人が週2回月10回来たら料金はいくらになるかすぐ計算できるようにしといた方がよいと思います。
Posted by デイちゃん at 2017年03月28日 16:33
>> デイちゃん

ちょうど、道路を挟んで目の前が駐車場になるので、そこを借りる予定です。ハイエースは車椅子が2台乗り、普通車は1台乗ります。

デイを開業する地域は土地勘がないので、道を覚えるのに苦労すると思います。最初は送迎も風呂介助もすべてやってやろうという気持ちで臨みます。

始めは日曜を定休日にして、人が集まれば日曜も開ける予定です。

売上も見ないといけないので、介護報酬は丸暗記ですね。

1年以内に月商300万を達成するように指示されています。自社のケアマネがいるので、ある程度の売り上げは立つと思いますが、私の営業力が試される時だと感じています。

会社の目標を早期に達成できるようにしたいですね。
Posted by トモ at 2017年03月28日 19:15
そうですか。近いならよかったです。ただ駐車場代がコストになるので・・・。

なるほど、土地勘はないですねえ。
最近はスマホがあるので、利用者さんの住所を入れたら、行けなくはないと思うんですが、一度は全員分の家を実際に見に行って、車が入れるか?とか、確認する必要がありますね。
で、利用者地図のファイルを作って、それを見れば他のスタッフも行けるようにして。
「道がせまいので、家からちょっと離れた空き地に車を止めてからお迎えに行く」など注意事項を書いたり。
あと、実際の送迎ルートで、あの利用者さんの後、この利用者さんに行くっていう道順が、意外とわかりにくいです。遠回りしちゃったりとか。「この薬局で曲がったら早い」とか、目印を覚えとかないと。

私のデイの相談員は、次の日の帳票(情報シート・バイタル表・入浴表・送迎表など)を出したり、ケアマネとやりとりしないといけないので、午前中は現場で介助作業をして、午後からは事務所で作業していますね。
昔の相談員は、全く現場での介助作業をしない人もいたのですが、利用者さんの様子がわからないので、担当者会議などで説明できなくて困りますから、少しは介助作業に入らないといけないとは思います。

要介護1、2が多いと仮定すると、加算は入浴加算は取る(500円)として、食事代入れたら(500円)、一人あたりの売り上げは一日8500円くらいですかね。
8500円×18人×25日稼働=382万5000円
なので、要介護度が低めの介護1ばかり18人入れても、25日稼働で300万は超えるかな?と思いましたが・・。

身体的には自立していて、協調性がある、軽度の認知症の方を大勢入れると、利用者さん同士が勝手に仲良くなってくれて、雰囲気もよくなるし、スタッフも少人数でやれるし、楽しそうなので新規の方も来やすいですね。

介護5だと介護報酬が高いので、つい重度を入れそうになりますが、重度さんはその分介助作業がかかります。
介護に要する時間から考えると、介護5は介護1の3倍以上手がかかるってことなのに、介護報酬は3倍じゃない(1.5倍程度)ので、入れるのは損なんです。
Posted by デイちゃん at 2017年03月28日 20:09
>>デイちゃん

土地勘ないので開設後は休日にドライブがてら回ろうと思ってます。

売上、まったく試算してませんでした。
3−5時間、5−7時間、7−9時間という枠があります。
やはり5−7時間が多いんでしょうか?

柔道整復師などの機能訓練士もいるので、リハ目的のデイになります。
介護度は低い気がします。

私的には介護度が重い人がたくさん来てくれる方がいいんですけど。
Posted by トモ at 2017年03月29日 21:33
そうなんですね?
機能訓練メインのリハビリデイは、定員10名で3−5を午前午後2単位(結局1日利用者20人)したりしてますが、それだと月300万はちょっと厳しいですね。

5−7だと介護報酬が低くなってしまうので、7−9が一般的だと思います。

昔、デイは6−8だったんですが、民主党のアホな政治家が、レスパイト機能がどうのこうとの言い出して、デイサービスは提供時間が1時間延びたんです。
ただ、賢い事業所は、「利用者を近隣に制限すれば、送迎時間を片道30分は短縮でき、往復で1時間減らせる。つまり、スタッフの労働時間は同じで(コストは同じで)、提供時間を6−8から7−9にできて、介護報酬はちょっと増えるから事業収入は増えて、利益が増えるぜ!!」と思ったんですね。

機能訓練についてですが、昔は、看護師が機能訓練指導員を兼務でき、利用者ごとに機能訓練の計画書を作れば、看護師さんが勤務してる日は、機能訓練加算を算定できたんです。(当時は270円)
ところが、最近、算定要件が厳しくなってしまって、現在はほとんどの事業所は算定してないと思います。(算定してる事業所は全体の20%程度らしい)

機能訓練加算Tは、常勤の機能訓練指導員がサービス提供時間専従でいなければなりません(看護師が機能訓練指導員をする場合は、看護師業務はできず、看護師が別に必要です)。
柔道整復師がいるなら、常勤専従で勤務してる日は機能訓練加算Tを算定できますが、7時間ずっといるとなると、加算で入る介護報酬は460円×18人=8280円だから、機能訓練指導員の人件費の方が高くつくので、意味がありません。
なのでTは算定しないと思います。

機能訓練加算Uは、機能訓練指導員は提供時間中ずっといなくてよくて、例えば看護師が兼務できます。
というかデイは、看護師が機能訓練指導員と兼務してる場合がほとんどです。
日常生活動作訓練を利用者一人一人か小グループで実施する必要があり、実施は機能訓練指導員が直接しなければなりません(介護職では不可)。
なので、例えばよくあるマシンを使ったパワリハとかでは算定不可だし、介護職がする生活リハビリ的な動作訓練も不可です。
例えば「排泄動作を自分でする」という長期目標を立て、自宅を見に行き、一か月目は「自分でトイレまで車いすを自走していくための訓練」を行い、それができたら二か月目は「トイレで車いすから便座にのりうつる訓練」を行う・・という感じです。
機能訓練の計画書を作成し、利用者の同意を得て評価し、3か月ごとに新しい目標を立てて・・という感じです。
これだと、帳票の作成は正直とても大変で、実施記録も機能訓練指導員の名前で書かなきゃいけないし、評価も大変です。
ただ、加算の介護報酬が560円×18人=10080円で、しかも特別な人の配置は必要ないので人件費もアップしないし、算定はできなくはないです。(が私のデイはしてないです)

重度利用者はデイに入れてはだめです。なぜ入れてはいけないかは、実際入れてみると分かると思いますが・・・。
というか重度さんはそれ専用に、「療養型通所介護」があるんですね。

私のデイは、以前の管理者が、重度の介護報酬が高いことに目がくらみ、「要介護5・寝たきり・死にかけ・胃ろう腸ろう・徘徊・暴力・精神病患者・生活保護・全身皮膚剥離・痰の吸引24時間必要・末期がん」とか、とんでもない利用者ばかり入れたのですが、あっという間にデイは崩壊し、スタッフが全員やめて新人もいつかず、営業不能になってしまいました。
そうならないことを祈ります。(笑)
Posted by デイちゃん at 2017年03月30日 00:11
>>デイちゃん

7−9が理想ですが、短時間から利用できることをウリにするみたいです。
居宅を回ったのですが、新しいこと、柔道整復師、看護師が常駐していることで、オープン前ですが体験で利用してくれる人が見つかりました。

寝たきり胃瘻の受け入れは積極的にしませんが、最初はどんな人でも受け入れていく方針です。でも、リハをウリにするので、会社の予測では要支援、介護度1〜3ぐらいと予想しています。

機能訓練加算はとる方向で話は進んでいます。


Posted by トモ at 2017年03月30日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック