2017年03月20日

孤独死する人は年間約3万人



亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。その中でも急速に増えているのが40代からの「団塊ジュニア」世代だ。今なぜ彼らは「孤独に死する」のか? その実態に迫る。




団塊ジュニアが直面する「孤独死大国ニッポン」



 誰にも看取られずに、たった一人でその最期を迎える孤独死――。無数の蛆が部屋中に散らばり、空中をブンブンと飛び交うハエ。業界用語で「人型」と呼ばれる、人が亡くなった部屋の痕跡には髪の毛がベットリと残っている……。


ニッセイ基礎研究所の調査によると、そんな悲惨な人生の末路である孤独死を迎えている人は、年間約3万人だとしている。しかし、’30年には3世帯に1世帯が単身世帯になることから、これからさらにその数は増えるだろうと懸念が広がっている。

 孤独死というと高齢者の問題だと捉えられがちだが、深刻なのはむしろ現役世代のほうだ。孤独死が起こる原因としては、なんといっても、血縁、社縁、地縁、趣味縁など、さまざまな縁から隔絶された末に起こる「社会的孤立」の問題がある。

 この孤立度がOECDの20か国のなかでも日本は圧倒的に高い。同じくニッセイ基礎研究所の調査では、団塊ジュニア世代で105万人が「孤独死予備軍」ともいえる孤立状態だとされ、これは8人に1人という計算になる。その数は、団塊世代の3倍以上にものぼることから、40代こそが「孤独死予備軍」となる。


目下、家族の結びつきは薄まり、生涯未婚率は上昇。地域社会は空洞化し、地縁はもはや形をなさない。就職氷河期のあおりを受けた団塊ジュニアは、非正規雇用によって労働環境も流動的で、何かあったときに訪ねてきてくれるような職場の繋がりも途切れがちだ。

 そんな「縁」難民に待ち受けるのが、孤独死だ。

 事実、孤独死大国へのカウントダウンは、始まりつつある。それは、孤独死の後始末を引き受ける特殊清掃業界の事業者が増加していることからも窺える。現代ニッポンに迫る未来図はどうなるのだろうか。





この記事を見て、特殊清掃員の動画を思い出した。特殊清掃員は、過酷な仕事で、誰かがやらないといけない仕事。慣れるまではご飯もまとも食べれないだろうし、バックレる人も多い。



ザ・ノンフィクション 特殊清掃員を見て



結婚しない人が増えれば、孤独死するケースも増える。現に身寄りのない利用者宅に訪問しているので、「孤独死予備軍」と思われる人とリアルに接している。


未婚でも甥っ子や姪っ子が老後をみてくれるケースを稀に見るが、圧倒的に未婚の人は孤独で親戚付き合いもない人が多い。そんな人は、訪問するヘルパー、担当のケアマネージャーで安否確認をする。


そういう人たちと接していると、家族がいることの有難みを感じる。ワーキングプア予備軍になってもいいが、孤独死予備軍にはなりたくない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック