2017年03月17日

サ高住の廃業が約260件の原因は?




施設への入居を希望する高齢者が多い中、国は6年前から「サービス付き高齢者向け住宅」の建設を促してきましたが、NHKの調査で、これまでに廃業や登録取り消しの手続きをした施設が、全国でおよそ260件に上っていることがわかりました。専門家は需要の少ない地域で過剰に建設されているとして、ニーズに応じた整備が必要だと指摘しています。




有料老人ホームやサ高住は、自社で建設するケースは少ない。大抵はオーナーが施設を建設して事業用定期借地権で数十年の契約を結ぶケースが多い。国が補助金を出して、推進する形で建設されたのに閉鎖、または登録の取り消し手続き。


施設として建設された施設はどのような用途で使われるのか疑問です。


サ高住は施設に入居したくても待機者が多く、入居したくても入居できない人に向けて作られたもので、6年前から国が補助金を出して建設を促し、全国におよそ6600棟、21万5000戸が存在する。



廃業の理由は供給過多?


「利用者が集まらない」との理由で廃業する法人が多い。「利用者が集まらない」だけ見れば、サ高住は供給過多と考えるが普通であるが、介護業界6年で短い期間ではありますが、施設長の経験がある私から言わせると「供給過多」だけが問題ではない。現に私が31歳で介護業界に転職した会社は、有料老人ホーム、サ高住、デイサービスを毎年、新規出店している。私が在籍していた時期でも、月額料金20万超える施設が10人以上の待機者を出していた。


利用者が集まらないのは、集客の仕方に問題がある。もしくは、自分の親を入居させようと思えない施設作りになっている。


今はサ高住を建設したらすぐに満室になるという時代ではなく、お客さんに選択肢があり、その選択肢がどんどん増えている。



月額利用料を低額している施設の経営は厳しい


安価な月額利用料に設定しているサ高住の経営はますます厳しくなる。こういった法人は、月額利用料を低くして訪問介護の介護報酬で利益を出すビジネスモデル。


社会保障費が膨らみ続けることを考えると、介護報酬はよくて現状維持、普通に考えれば減らされる。介護報酬に依存したビジネスモデルは介護報酬の改定で軒並みやられることになる。



シニア向け分譲マンションンが販売好調


関西では60歳以上の高齢者をターゲットにしたシニア向け分譲マンションンが増えている。シニア向け分譲マンションンの価格設定は普通のマンションの2倍近くするにも関わらず、売れ行きが好調。施設と違って資産として保有できるのがメリットですが、月額の管理費、修繕積立金、固定資産税が発生するので、ある程度の資産を持っている人しか買えないようになっている。


こういった介護報酬に依存しないビジネスモデルは、介護報酬の改定があっても生き残れる。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→サ高住や住宅型は、不正請求が物凄い多いです。
掃除、入浴、排せつはもちろん、買い物、代行、病院付き添い、など
グレーになる時間帯があり、60分で契約しても15分で終わったり

口腔ケアなども日報に書かないとダメなんですが、
日報だけ書いて、利用者には、ウガイだけしていただく。

業務が忙しければ、ウガイすらしない。
不穏なら、全く無視するが、日報は切ります。

このようなことを2年続けてきた住宅型は役所から監査で引っかかり
1億円の不正請求と過払い金40%で
支払いができず、倒産しました。

昨年11月で会社、職員ごと別会社に身売りし、別会社に名前が変わる。
私自身や職員が知らないうちに別会社に移行、

それでも、不正請求や小さなことですが、サービスと偽り、日報を切りまくる。
今後、また監査で引っかかり、会社ごと消える、いたちごっこなんでしょうね。

サ高住や住宅型は、老健や特養などの施設ではなく、
私の考えでは、介護ではなく、介護サービスと位置づけてます。

やっぱりグレーな部分が多く、なんでもありなやり方に
不正請求も生まれるんでしょうね。

そして、会社が消える。別の名前でまた登録し、サ高住や住宅型が生まれる。
難しい問題です。
Posted by たか at 2017年03月18日 06:47
>>たかさん

施設での介護は外から見えません。そこまでずさんだと監査でひっかりますね。

色んな施設があり、不正は繰り返されるということですね。
Posted by トモ at 2017年03月19日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448072208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック