2017年03月02日

腎臓の数値と体調



去年の5月に腎臓を悪くして入院し、自宅療養を続けながら訪問介護のサ責として転職することができた。訪問介護に転職して9カ月目を迎えて一通りの仕事ができるようになった。仕事量も施設勤務時代に比べると、少なくて腎臓の数値もいい方向に向かっている。


こう書くと、いい方向に向かっていると思われるかもしれないが、実際のところは、年明けから体調はすこぶる悪い状態が続いてる。ブログに体調のことを書くと、気が滅入ってしまうので書かずにおいた。


クレアチニンは1.14、eGFRは60まで回復しているのに、なぜか体のだるい日が続く。2か月に1回のペースで風邪のような症状が出る。月の大半は、帰宅後に1時間ほど横にならないと体が回復しない。


血圧も降圧剤を飲むことで安定しているし、ストレスを溜めるような仕事環境でもない。身体がだるい日が続くのが不思議でしょうがないのです。


クレアチニンは1.14、eGFRは60は腎臓機能が約60%働いてはいるが、腎機能は軽度〜中等度に低下していると推定されるぐらいの数値。一般の人に比べると、数値的にまだまだ悪いのが関係しているのが問題なのか?


そんなことを考えると、仕事どころではなく、自分の身体が心配になってきてしょうがないのです。体調が悪くても、今は働いて給料を貰わないと生活ができないということで働き続けるしかないのが現状です。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですか。ちょっと心配ですね。
定期的に通院してると思いますので、そこで不調を伝えて、より詳しい検査などできればよいのですが。
そこまで不調なら、花粉症とかじゃないですよね。
もしかしたら、うつ病など精神的なものからくる不調かもしれませんが・・。

私の母親は、定期的に健康診断を受けてたのに肺がんは見つからず、結局、足が痛いと病院に行ってはじめて転移性骨腫瘍と診断され、そこから全身を調べて肺がんが分かったのです。
なので、不調は何かの兆候だと思うので、一度徹底的に調べたほうがよいような気がします。

どうぞお大事になさってください。
Posted by デイちゃん at 2017年03月02日 23:15
>>デイちゃん

月に一度は受診しているので、即入院みたいなことはないと思いますが、身体がだるいのは治りません。MRIも撮りましたが、腎臓以外は正常みたいです。

腎臓が悪い以上は、一生付き合っていかないといけないのかなと、ある程度の覚悟はしています。
Posted by トモ at 2017年03月03日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447531833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック