2017年02月17日

売上が減り、給与も減る?



利用者が、施設への入居や入院が重なって、仕事が少しずつ減っている。訪問介護は介護報酬に依存しているビジネスであるため、売上に敏感に反応する。2月は28日までしかないので、売上は200万台まで落ち、このまま何もしなければ、数カ月で月商200万円を下回ることもあり得る。


仕事が減ることで、所長と私の正社員が週休2日を取ることができるが、営業畑で働いてきた私としては、危機感を覚えます。赤字にならない限りは事業所を閉鎖することはないでしょうが、売上が落ちると、社員の給料に少なからず響くと思う。


本社としては、私が男性であること、年齢も37歳ということで、将来性を買って少し多めの給料を設定してくれている。でも、売上が今以上に落ちると、その給与を保証してくれるとは限らない。


手取り20万を下回るようであれば、早急に転職を考えないといけない。




貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:訪問介護
posted by トモ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック