2017年02月12日

施設勤務の場合は夜勤は必須です



全国の介護施設の9割近くが、1日24時間を2交代制の勤務にしていて、働く人が長時間労働を余儀なくされていることが労働組合の調査でわかりました。この調査は、介護士や看護師が加入する日本医労連=日本医療労働組合連合会が介護施設や、働く人を対象に4年前から毎年、行っていて、去年は全国の132施設が回答しました。

このうち1日24時間を2交代制の勤務にしている施設は117施設と全体の88%に上り、86%だった前の年の調査とほぼ同じ割合でした。2交代制で夜勤をした場合、夕方から翌日の昼まで勤務の交代はなく、多くの場合、長時間労働になりますが、2交代制の施設で働いている人のおよそ4割が、月に「4回を超える」夜勤をしていると回答したということです。

また、全体の34%にあたる45の施設では働く人が仮眠をとるための部屋が「ない」としていて、厳しい労働環境にあることがうかがえます。

日本医労連は、「介護現場では、職員1人での夜勤が認められているうえ、夜勤回数にも上限の規制がない。国に改善を働きかけていきたい」と話しています。




私は稼ぎたいということもあって最高で月8回夜勤をしたことがある。月に8回夜勤すると日勤帯の出勤が6日ぐらいで済むので、私は夜勤が多いほうが好きだった。夜勤中は利用者は寝てるし、介護業務以外の仕事がはかどり生活リズムが作りやすかった。


今はどこの施設も人手不足なので月に6回ぐらいがデフォルトになっている。


ただ、夜勤が苦手な人もいます。16時間拘束なので二日連続で働くという感覚になり、体力的にきついと感じる方もいますが、夜勤が苦手な人でも夜勤をやらないといけないのが施設勤務の介護士。


施設では夜勤ができて一人前と認められます。中には夜勤をしないと正社員にしてくれない施設もあるぐらい。理想は8時間勤務の交代制で回すのが一番、いいのでしょうが、人員のことを考えると16時間拘束の夜勤がないと施設運営は難しいのでしょう。




貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→段取りを覚えると夜勤の方が楽のような気がします。
1人夜勤より今回は2人夜勤と看護師がいるので心強いです。

一人夜勤は、監視カメラを「じ〜っと」眺めていました。
徘徊者もおらず、気楽でしたがその分給与が安いので

施設勤務にしました。

施設勤務は疲れるが給与は抜群です。

2月16日から、来月シフトですが、人手不足で夜勤9回は確実で
すが手当も良いので頑張ります。

頑張って早く新しいバイクが欲しいです。
ただそれだけです。
Posted by たか at 2017年02月13日 04:02
>>たかさん

確かに施設勤務は稼ぐにはいいです。人手不足のとこは夜勤や残業代で結構な額になります

夜勤9回ですか。ほとんど日勤がないですね。

身体を壊さないようにしてください。
Posted by トモ at 2017年02月14日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック