2016年12月09日

松屋は、やっぱり牛めしです



シチュー丼を実行する為に松屋に行ってきました。券販売機に1000円を入れる。意気揚々と、「鶏と白菜のクリームシチュー定食」のボタンを押すつもりでしたが、牛めし特盛、生野菜を購入する自分がいました。



c888fdaa9541a8d5070bd4f2e672e272.jpg



松屋は牛めしです。キムカル丼をゴリ押ししてくる人もいますけど、やっぱり牛めしはシンプルで松屋のウリなのです。最初は何もかけずに牛めしのみの味を堪能し、途中で紅ショウガや七味をかけて味を変えるのが私の食べ方です。


次男の出産で妻が里帰りしている時期は、週7ぐらいで松屋とすき家を利用していました。腎臓の問題で牛丼は控えてたのですが、牛めし特盛、味噌汁、生野菜の組み合わせ。私の中で松屋の牛めしに生卵は邪道。


この組み合わせを数カ月ぶりに見て、シチュー丼なんかどうでもいい気持ちになります。


アツアツの牛めしをかきこんで食べ、途中で味を変える。久しぶり過ぎて、美味し過ぎる。妻の目を盗んで松屋に通いたいぐらいです。


やっぱり味噌汁がついてくるのは、ポイントが高い。持ち帰りだと味噌汁はつかないので、牛めしの持ち帰る人の気持ちは分からない。



貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:松屋 牛めし
posted by トモ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック