2016年12月04日

ストライクゾーンが広くなりました



メンタリストDaiGoに文春砲が放たれた。週刊文春はベッキーとゲスの極みの川谷のゲス不倫を皮切りに2016年はスクープをすっぱ抜き続けている。


ロリコン疑惑のメンタリストDaiGoと元彼女のやりとりは以下に書かれている。


「初めて彼に会ったのは、私が13歳のときです。私にとって、初デートも初キスも、初めてのセックスも、すべて彼が相手でした」

 そう小誌に明かすA子さん(21)が指す“彼”とは、テレビなどでお馴染みのメンタリストのDaiGo氏(30)だ。2人の出会いは、7年前、あるイベントでDaiGo氏に、A子さんが連絡先を聞いたのがきっかけだった。以来、デートを重ねるようになり、DaiGo氏は当時、A子さんに次のようなメールを送っている。

〈好きだよ〉〈あのときにA子とキスした感覚が忘れられないよ〉(いずれも09年12月30日)

その後、DaiGo氏はA子さんをカラオケボックスに連れて行ったという。

「ハグくらいしたいな、と思って抱きついたら、キスをされて、下着の中に手を入れてきて胸を触られた」(A子さん)

当時、A子さんは14歳、DaiGo氏は23歳である。A子さんが高校に進学すると身体の関係を持つようになったという。その後、いったん関係は途絶えたが、A子さんが19歳になると、再びDaiGo氏から連絡があった。

「再会してからは、スクール水着でのセックスを提案されたこともあります」(A子さん)

 DaiGo氏の行為は、「児童福祉法」および「青少年保護育成条例」に違反する可能性があるが、DaiGo氏は小誌の取材に対してこう答えた。

――当時23歳の男性が14歳の女性に、〈好きだよ〉などとメールを送るのは適切か。

「彼女は当時いじめられっ子で、もし僕が『A子のこと魅力的だと思うよ』ということで前に進めるんだったら、と。今思えば悪ふざけがすぎたし、ダメなことをしたかなって思うんですけれども(笑)」

 詳細は、12月1日発売の「週刊文春」12月8日号で報じている。



男にはロリコンが多いというのが、私の持論である。何を隠そうモーニング娘時代の道重さゆみが好きだった。







妻も実年齢より10歳は若く見えるので、自分に少なからずロリコン気質があると思ってましたが、介護業界に転職してその気質がないことに気づかされました。お世辞にも介護業界の女性は綺麗な人は多いとは言えません。私が働いている訪問介護事業所は40代以上の女性が多いです。


転職したての頃は年上の女性ばかりで、同僚を女性として見ることは皆無でした。しかし、男の性というか、最近は50歳の登録ヘルパーを女性として見てしまう時があるのです。


50歳の登録ヘルパーは一般的に普通の容姿です。しかし、独身で子供を産んでいないということからか実年齢より10歳ぐらい若く見えます。容姿があまり綺麗でない集団の中に実年齢より10歳若く見える容姿が普通の女性がいると、どうなるか。錯覚して女として見てしまう自分がいるのです。


14歳年上なんて自分のストライクゾーンからかなり外れているというか敬遠の球でした。かなり女性のストライクゾーンがかなり広くなっていますね。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→次の
ところ内定もらいました。
これで年末はゆっくりできます。

12月末までビッチシシフトは組まれてますが
来年三が日は休んで5日あたりから初出社したいと思います。

Posted by たか at 2016年12月07日 01:21
>>たかさん

内定おめでとうございます。さすがです。

3が日は奥様とゆっくりお過ごしください。
Posted by トモ at 2016年12月07日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック