2016年11月02日

7年前からマガジンは買ってません



週刊少年マガジンのの印刷部数が、今年7〜9月の平均で99万5017部と、100万部を割り込んだことが分かった。ピーク時の1997〜98年に記録した400万部超から4分の1に減った計算になる。


昔は月曜日はジャンプ、水曜日はマガジンを買って通勤の電車で読んでいましたが、ここ7年は買っていない。通勤の時間帯に電車に乗る機会はありませんが、電車内を見渡しても読んでいる人もあまり見かけない。スマホでブログを読んだり、ゲームをしたり、電子書籍を読んで過ごす人が増えれば、見かけないはずです。ちなみにジャンプ、マガジン、サンデーはデジタル配信があります。


高校時代は、クラスメイトが買ってきたマガジンを教室で回し読みしてました。一冊の漫画を何人かで回し読みするってのが好きでした。今の高校生も同じような文化はあるのかな? やはり、休み時間はスマホで動画やブログを見たり、ゲームしたりしているかな?


私は長男が産まれた時にジャンプ、マガジンを買うのをやめました。


何故、買うのをやめたかというと。ふと、思ったのです。自分の父親は、私が物心ついた時は漫画なんか読んでなかった。父親になるのだから漫画なんて読んでいる場合じゃないと思ったのが買うのをやめた理由です。


自分の父親が理想像だったので、少しでも近づきたかった。


読むのをやめてから7年。一歩は宮田選手と試合をやったのか、リカルドマルティネスに挑戦したのか、気になるとこです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック