2016年10月30日

長男の記憶力



長男は自閉症で特別支援学校に通っている。自閉症と診断された時は、鈍器で頭を殴られた気分で長男の将来のこと心配し悲観した。そんな長男もすくすくと成長して今は小学校1年生。弟ができてからはお兄ちゃんとしての自覚が芽生えてお兄ちゃんらしくなってきた。


そんな長男の記憶力に時々、驚かされることがあります。自分の興味のある物に関しては抜群の記憶力を発揮する。例えば、アニメのセリフを役柄に使い分けて完璧に覚えたり、ショッピングモールに設置しているガチャガチャを全て記憶している。全てのフロアを合わせると50台以上はあるのに。


どうでもいい記憶かも知れませんが、父親として凄いと思う。人には何かしら得意な物があると思う。息子の得意な分野を伸ばしてやりたい。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽器や絵画など、芸術関係をしてほしいなぁと思います。
こだわりがある方が、音や色に対して厳しく追求するのではないかと思うからです。
小1なので途中で嫌になるかもしれないですけどね。
Posted by りんご at 2016年10月31日 21:32
>>りんごさん

残念ながら芸術関係は不得意です。運動に関しては普通学級の子にひけを取らないので、そっち方面を頑張って欲しいと思ってます。
Posted by トモ at 2016年11月01日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック