2016年10月22日

人工透析が怖くて食事制限



クレアチニン(腎臓の数値)の数値が高くて救急病棟に入院した5か月前。退院してからは食事制限を徹底して現在は1.25まで回復している。入院した時のeGFRの数値が27。腎臓が3分の1以下しか働いていないと、医師から説明がありました。現在の数値が54なので、入院時より倍近くの回復していることになる。


入院時にどれだけ腎臓が傷んでいたかで、腎臓の回復具合は変わってくるらしいですが、ここまで回復するのは稀みたいです。それでも腎臓機能は軽度〜中等度に低下している部類に入るので、引き続き食事制限は続けていきたい。


入院する直前までの食生活は散々たるものでした。カップラーメンをこよなく愛し、夜勤は絶対にカップラーメンのBIGを買って、汁は全て飲み干してました。家で妻が作る食事に汁物がなければ、カップ麺に湯を注いで味噌汁代わりに食べてましたので、カップ麺は週6ぐらいで食べる生活。


制止する妻の声を振り切って食べるものですから妻も止めようがありません。そんなことを続けてれば、いつかは身体に支障をきたします。退院してからカップラーメンを食べたのは4回ですが、汁は全て残しています。たまの外食でもカロリーと塩分の確認は欠かせません。


私が食事制限を徹底する姿勢を見て、「変わった」と、妻を含む周りが言います。


そりゃそうです。あのまま乱れた生活を続けると、近い将来に人口透析することになります。私はビビりなのです。クレアチニンの検査で月に1度、採血されるのも毎回、びくびくしているぐらいです。誰だってそうですが、人一倍ビビりなので人工透析は避けたいのです。


塩分だけでなく、たんぱく質やカリウムのことも計算して食事を残したり、お酒を一滴も飲まない私を見て、不憫に思う人もいますが、それで透析を回避できるのだったら全然、徹底します。


見た目は何でも来いという風貌ですが、内心は人一倍の怖がりということが食事制限ができている理由になります。クレアチニンの数値が改善していっているのを見て、怖がりの性格が功を奏しているのだと考えています。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ブログ毎日拝読させて頂いております。
私は今人工透析を受けています。
若い頃から腎機能低下を医師から指摘されていたにもかかわらず、無視していました。
クレアチニン1を越したくらいでは気にもせず、3を越してから少しあわてましたが生活態度は変えませんでした。
腎機能は悪くなり始めたら、どんどん加速します。3を越してから人工透析になるまで10年かかりませんでした。
腎臓を可愛がってください。単純に血圧を上げないだけ目標にしても良いと思います
もっとも血圧を上げないというのはその背景にあるものは奥が深いですけどね。
透析を受けることによって人生の全てが変わります。
仕事も日常生活も休日の過ごし方も、何もかもです。
是非大事にしてください。
Posted by GTO at 2016年10月22日 09:36
>> GTOさん

訪問ありがとうございます。
今もいつ数値が悪くなるかビクビクして生活しています。
降圧剤で血圧もコントロールできているので、食事制限も継続してやっていきます。
Posted by トモ at 2016年10月22日 17:02
こんにちは。
体調は大丈夫ですか?
体に気をつけてと言っても、介護職だとなかなか難しいですよね。ストレスが多いし。

父親ですが、デイサービスを利用して入浴着替えができるようになり、このまま在宅で生活できるかと思ったのですが、だんだん徘徊がひどくなってきて、とうとう先日徘徊し道で行き倒れているところを保護され救急車で家に帰ってきました。
一度でも事件・事故になったら入居すると思っていたので、すぐにあいているグループホームを探して、入居申し込みをし、来週月曜に入居することになりました。
8月終わりに要介護認定の申請、9月はじめに認定調査、9月終わりに要介護認定の通知そしてケアマネ・デイと契約、10月からデイ利用開始、10月末にグループホーム入居と、怒涛の日々でした。
父親がグループホームに入居したら、ちょっと一息つけそうです。
Posted by デイちゃん at 2016年10月22日 19:34
>>デイちゃん

なんとか元気でやってます。

お父様のこと大変でしたね。グループホームまでの入居をスピーディーにされてさすがです。
一息ついたら家族の時間を楽しんでくださいね。
Posted by トモ at 2016年10月22日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック