2016年10月18日

亀田和毅が国内復帰となれば山中慎介との試合が見れるかも



亀田家の三男坊である亀田和毅選手が協栄ジム所属となり、国内復帰することを発表した。亀田家の最終兵器と言われ、中学卒業後にメキシコへ単身修行。プロデビューしてからは海外を主戦場としてWBOバンダム級の世界チャンピオンになっている。


防衛戦で負けて王座から陥落しているが、15日にメキシコで約1年ぶりの試合となるノンタイトル10回戦を行い、1回TKO勝ち。メキシコを拠点として日本でも試合をやっていく意向。


JBCと亀田三兄弟は国内で活動できなかったことによる損害賠償などで法廷闘争中で、簡単にライセンスが交付されるかは疑問がある。


もし、交付されるのであれば、山中慎介選手との世界戦を見てみたい。


数年前に亀田和毅選手は、山中選手に対してスピードは俺の方が上と挑発したり、亀田の親父もファイトマネーなしでもいいから山中選手とやりたいと希望していた。



亀田和毅選手の実力は?


亀田和毅選手の試合を見た感想は、胴が長くてリーチはない。ハンドスピードはあるといった印象。強いか強くないかで言えば、三兄弟の中では一番強いとは思いますが、山中選手に到底勝てるとは思えない。亀田和毅選手が山中選手を倒すとこが想像できない。


亀田ブームは過ぎ去り、二人の兄貴は引退。ここらで亀田和毅選手には山中選手に挑戦して、もう一度話題を作ってほしいとこです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック