2016年10月11日

贅沢をしていないのに貯蓄ができない隠れ貧困が急増



特に贅沢をしていないのに貯蓄ができていなかったり、財布の中がいつの間にか空になっているなど、昨今「隠れ貧困」と呼ばれる人々が増えている。


隠れ貧困」とは、普通の生活ができているが、このままいくと将来的に、家計が破綻する可能性の高い貧困予備軍のこと。



日銀の「家計の金融行動に関する世論調査」(2人以上世帯調査2015年)のデータによれば、年収500万〜750万円未満のうち、20%が貯蓄なしだという。年収1000万〜1200万円未満と高収入を得ている世帯でも、実に7世帯に1世帯がまったく貯蓄ができていない「隠れ貧困」に陥っている。



年収300万円世帯の現状


今年に関して、我が家は年収300万円世帯になります。年収300万円なので、家族4人が生活するだけで精一杯。貯金はなんとか月に1万〜2万できるぐらいです。家族4人で年収300万円なので、生活保護世帯より貧困です。


病み上がりで、今は生活するためだけに働いている状況です。希望を言えば、月3万〜5万ぐらい貯金できるくらいの生活が理想ですが、現状の収入では無理。子供二人はすくすく育ちます。30代の内に収入の増やす術を考えないといけない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさんが貯金やマイホームのことを考えているところを見ると、一家の大黒柱として立派だなぁと思います。

うちの夫は何も考えてないです(笑)。家計にはノータッチだし、「一生賃貸でいい」と考えていると思います(「定年退職後にどうやって家賃を払うか」なんて考えたこともないんじゃないかと)。目の前の仕事をこなすだけで精一杯みたいです。

毎日真面目に働いてくれること、家計を私に任せてくれることにはもちろん感謝していますが、老後の生活設計に関しては私がしっかりしなきゃなぁと思っています。
Posted by 星羅 at 2016年10月12日 06:21
>>星羅さん


私なんてダメダメです。

真面目に働いて、ちゃんとお金を入れてくれる旦那さんは充分立派だと思いますよ。
Posted by トモ at 2016年10月12日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック