2016年09月30日

多くの人に支えられて仕事をしている



フリーアナウンサーの>長谷川豊氏が、自身のブログで、「医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得で人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」を書いて、炎上しニュース番組を降板することになった。


長谷川氏のブログは少し前から拝見している。テレビでの長谷川氏は、物腰が柔らかい口調で、好感の持てる喋り方をしていると感じていた。しかしブログになると、テレビで受けている印象が一変する。ブログを読むと、同じ人が書いているのか? と疑いたくなるほど。


今回の件で長谷川氏はブログで以下のような謝罪をしている。


私は日本の最大の闇は「社会保障給付費」だと思っています。無駄は山ほどあるけれど、これほどのムダだらけの世界はないと。ここにメスを入れなければ、日本は早晩厳しい展開になると信じています。

が、そこにメスを入れるということは、一見すると「弱者切り捨て」と言われかねない状況になります。
でも、そこに「本当に弱者なのか?」「本当は弱者のふりをした卑怯者は混じっていないのか?」と訴えたかった。人様から預かっている税金。もっともっとしっかりしなければ、私はおかしいと信じています。

一人でも多くの方に…と煽り過ぎたタイトルをつけ、結果、多くの方に不快な思いをさせ、ニュースキャスターの仕事も失う結果となりました。楽しみにしてくださっていた多くの方々に、もう一度改めて心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。



長谷川豊氏はテレビの世界で生きているので、テレビ番組はスポンサーからの広告収入で成り立っていることは理解している。本人は「ネットはネット、番組は番組で使い分けているつもり」と、弁明しているが、自分の発言が、スポンサー、番組作りに関わる大勢の人たちにどれだけの迷惑がかかるのか想定していなかったのか?


膨らむ社会保障費の問題は、私も危機感を抱いている。実際に介護の現場で働いて生活保護の不正受給ではないかと、疑いたくなるようなことを目にする。匿名のブログで生活保護問題を指摘することはあっても、自分の名前、顔出しをして生活保護を受けている人を指摘することはできない。


だって、介護の現場で仕事をしていて、誰が見ているか分からないから。もし、名前、顔出しをして生活保護を指摘し、自分の発言で事業所の仕事がなくなる可能性もあるのです。そうなると、小規模の訪問介護事業所であるが、仕事がなくなると、数名の人間の生活を脅かすことになる。


仕事というのは、一人でやるものではない。全ての商売において提供する人、提供される人がいて、小さな商売であろうが、人が関わっている。長谷川氏の場合であれば、関わる人間の数は私の比ではないはず。


そのことを考えると、長谷川氏の発言は稚拙だったと、感じるのです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック