2016年09月28日

お誘いの話



CK0I9A92162_TP_V.jpg



介護業界で6年目になると、いろんなとこから仕事のお誘いが来ます。大抵はサ高住、デイサービスの職員です。どちらかと言うと、仕事を辞めると、その職場の人間関係を切ってしまう方なのですが、仕事のお誘いは今年に入り3回目です。


今回のお誘いは、サ高住の介護リーダーというポジションでした。基本給+介護手当+リーダー手当+資格手当で225,000円。それに夜勤手当1回5000円が付くという条件でした。1人夜勤みたいで、夜勤に入るのは、平均月に4回とのこと。額面でいうと、245,000円ってとこでしょう。悪くない条件ですがお断りしました。


今回、誘ってくれたのは介護業界に飛び込んだ一つ目の施設で主任をやっていた方です。施設の中核としてのポジションを務め、彼が辞めて施設が回らなくなったことを覚えています。私のイメージは頭の回転が速くて、めちゃくちゃ仕事ができたイメージ。


彼なら一般企業でも充分にやっていけるぐらいのポテンシャルがありました。もし、あの職場を続けていれば確実に施設長になっていたでしょう。彼が続けていれば、私に施設長の話どころか、主任の話も来なかったと思います。


彼は、辞めてからある介護系のベンチャー企業に転職。転職先でデイサービスの立ち上げて軌道に乗せました。そして、サ高住も立ち上げて、現在は部長という肩書で働いているようです。


気になるので、会社のホームページを検索してみました。


出てきたホームページは明らかに素人が作ったような稚拙なホームページでしたが、一番目を引いたのは資本金の部分でした。


会社概要を見てみると、資本金300万円で会社を運営しています。



資本金300万で施設運営ができるのか?


私の予想では、借り入れをしてデイサービスを立ち上げていると思います。デイサービスで利益を出して、借り入れを返済し、利益を内部留保したのでしょう。


サ高住に関しては、土地と建物はオーナーを探して運営しているでしょう。保証金、賃料、人件費、光熱費などを合わせると、それなりの金額になると思います。会社の設立年月日を見ると4年目なので、資金は潤沢とは思えない。サ高住を運営するにあたり、金融機関から借り入れをしているのか?


そんなことを考えながら会社のホームページを見ていました。


介護職として6年目になりますが、お金の流れに関してはちんぷんかぷんです。将来的に訪問介護事業所の立ち上げを目指していますが、そういったところも勉強しないといけない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この業界は誘われることが多いですよね。新たに募集してもなかなか集まらないから縁故でって感じなんでしょうね。 介護事業所の開設は以前は良かったようですが、最近はどうなんでしょう?ケアマネ取って独立しても経営のノウハウが無く倒産するところも多いと聞きます。将来的な事を考えると最近は憂鬱になります。
Posted by 必殺介護人 at 2016年09月29日 08:49
>>必殺介護人さん

長くなればなるほど多いです。どこも人手不足なんでしょう。

小規模のデイがバタバタ閉鎖しています。気軽に起業はできないのが現実ですね
Posted by トモ at 2016年09月29日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック