2016年09月26日

朝来市で昼食



9月24日(土)


西紀SAを出発すると、すぐに高速道路を降りることになります。サービスエリアで昼食と考えてた私としては少し残念。高速降りてナビ通りに車を走らせ朝来市に入る。


朝来市は縁もゆかりもない土地ですが、朝来市の和田山に住む父親と男の子が3人、女の子が3人の7人家族「われら百姓家族 〜子どもたちの15年〜」を思い出した。



30年近く前、脱サラして兵庫県の山村に移り住んだ家族がいます。田畑を耕し、 炭を焼き、鶏を飼う。一家は自給自足の生活を続けてきました。子どもは6人。 母親は山の生活に馴染めず離別。それからは父親と兄弟が力を合わせ生きて きたのです。取材を始めたのは、15年前…。当時末っ子の双子、あいちゃんと れいちゃんは10歳でした。2人は畑仕事や鶏の世話、そして家事をこなし、一家 の労働の一部を担っていました。その為、2人はほとんど学校にも通わず、大人 になりました。その2人は、現在24歳。都会に暮らしています。都会に馴染んだ 今時の女性。しかし山村の価値観とは全く違う都会の生活に、あいちゃんは…。




末っ子姉妹のれいちゃん、あいちゃんのことを思い出しがらも車を走らせ、餃子の王将の看板を発見。



IMG_2948.JPG



隣には焼肉武藤道場


IMG_2943.JPG



但馬牛の文字とランチは値段が安いので入りたかったが、次男坊の食べるものがないので、隣の「王将 和田山店」に入ることに


IMG_2945.JPG



IMG_2946.JPG



旅行先で、王将を食べるとは思いもよりませんでしたが、晩御飯が豪勢なので、昼食はこれぐらいでもいいでしょう。王将の味は店によって味が違いますが、和田山店の味は安定しています。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大森家のお父さん、今春に永眠されました。
Posted by かな at 2016年09月28日 01:32
>>かなさん

ご逝去されたのですね。最後は一人暮らしで大変そうでした
Posted by トモ at 2016年09月28日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック