2016年09月03日

名前を変えて再出発している




入院しているころ求人サイトをよく見ていました。腎臓の病気なので、介護職を続けるのは難しいかなとか思ったりもしながら求人を吟味していたのです。



福祉の資格を活かすなら【介護求人ガイド】




福祉系の求人事業を手掛けるアスカグループの求人サイトです。お仕事相談窓口があり、一人で悩んでいても解決できないことを相談できます。





無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑




かいご畑では、厳選された仕事情報だけを1,000件以上掲載しています。キャリアアップ応援制度があって、受講料0円で資格講座を受講できます。




非公開求人多数!「介護のお仕事」




介護のお仕事は、転職活動をサポートをさせていただくキャリアコンサルタントがいます。介護業界に特化した知識と経験を持っていて、地域の求人・募集状況を熟知しているため、スピーディーに最適な求人を紹介してくれます。




求人数3万件以上【介護求人ナビ】




介護求人ナビは、業界最大級の3万件以上の求人案件があります。スカウトメール機能もあるので、経験者であればスカウトが殺到するかもしれません。




通える範囲で、尚且つ介護職以外で検索すると、一番ヒットしたのがSOMPOケアネクストで運営する有料老人ホームやサ高住の管理者候補。


昨年、損保ジャパン日本興亜ホールディングスがワタミの介護事業部を買収。その後、施設内で転落死事故のあって信用が失墜しているメッセージを買収。


買収後は施設名も「アミーユ」のブランドから「そんぽの家」に変更して運営を続けている。


あんな事件があれば、アミーユのブランドで運営を続けるのはマイナスでしかないので、変更するのは当然と言えば当然です。


求人サイトに「そんぽグールプ」の管理者候補の求人がでているということは、事件以降に職員が離職して介護職だけでなく、管理者も不足しているのが推測できた。管理職するのもも悪くないかと、そんぽグループの求人の応募ボタンをぽちっと押したのです。


翌日に採用担当の方から連絡がありました。色々と、説明があって受ける気満々でしたが、全国転勤があるということで、面接まではいきませんでした。


長男が小学校に上がったばかりで、安易に転勤とかできませんから。20代で独身とかだったら挑戦していたのかもしれませんね。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 13:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
特養などは介護3以上じゃないと入所できないし、待機者が多いのでなかなか入れないので、有料老人ホームなど特定施設に入る人が多いんでしょうね。
お金を出せる人は。

私は、父親の認知症がきつくなってきて、入浴も着替えもしないので、介護認定の申請をして、昨日認定調査を受けました。
認定調査員と話がかみあわず、とても苦労しましたが、なんとか要介護にはなりそうです。
主治医には現在の状況を詳しく書いた文書を提出し、主治医意見書で、いろいろ認知症について書いてもらえたと思うので。
主治医の意見書が、認定調査より重視されるそうですし。

介護の仕事をしていても、知らないことばかりですね。

トモさんも、ケアマネを取った後、市の認定調査員として働くとかどうですか?
たぶん職員としての求人が出てると思います。認定調査員って全然足りないみたいなので。
Posted by デイちゃん at 2016年09月03日 19:51
>>デイちゃん


特養待ちの人が多いですからね。有料やサ高住に入居する人は多いです。

私も認定調査に立ち会ったことありますけど、どうしても削る傾向にあるので、要介護とるのは難しい時がありました。

私の住んでいる市では保護課の臨時職員の募集がありますけど、認定員の求人ってどうなんでしょう。あるのかな?
Posted by トモ at 2016年09月05日 20:56
私の市では、市の職員として、認定調査員の求人が出ていました。
ケアマネを取った後、研修を一日受ければなれるので、結構いいかな・・・と思ったり。

認定調査ですが、要介護度を上げるテクニックがあるようで・・・。
「本人に自分でしてもらってる」と言っちゃうと、「介助してない」ってことになって、「自立」になってしまうので、絶対ダメです。

「排せつの時、ズボンが上がってないから、時々確認して直してあげてる」とか、「入浴の時背中や足が洗えてないから洗ってる」とか、ちょっとでも介助していることを言えば、「一部介助」になって、介護に要する時間がアップします。
しかもそのさい、「日に一回はしてる」「週に二回してる」などの「頻度」をあわせて伝えることが重要です。
例えば、「排せつの後ズボンを直してあげてるが、毎回はできないが一日二回は確認して直してる」「入浴は週二回でその時に体を洗うのを手伝っている」とか。

で、認知症があって、介護に抵抗があったり、金銭を自分で管理できてないとなると、さらに介護度が上がるようです。
少なくとも要介護にはなりやすいと思います。

さらに、最近一か月にどのくらいの頻度で介助作業を行ったかを調べるので、昔のことを言ってもダメで、まじかにした介助作業をコンパクトに答えられないとダメですね。

介護の基本は自立支援なので、「ご自分でなるべくしていただいて」と思ってしまうのですが、認定調査の一か月前だけ、なるべく介助をして、介助した内容を伝えた方がいいかもしれませんね。
要介護1が要支援1になったら、ややこしいですから。
Posted by デイちゃん at 2016年09月05日 22:45
>>デイちゃん


確かにできないアピールと、一部介助が必要であることを伝えるのが一番ですよね。

施設時代は記録をこまめに書いて区変かけるときに記録を見せてました。

個人的には身体介助より認知の部分で介護度が上がる傾向のような気がします。
石田さんちのおばあちゃんも要介護4でしたし。
Posted by トモ at 2016年09月06日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック