2016年08月30日

淡路島の不動産



YUKA150701598457-thumb-1000xauto-19536.jpg



将来的に田舎への移住を考えているので、不動産のサイトをよく見ます。仕事の休憩中に淡路島の不動産を見てたのですが、中古物件が1000万以下であり、しかも地元の人しか行かないプラベートビーチが近くにあります。


1000万円以下の物件であれば、ローンを組んでも月々の返済はしれていますので、本気で移住しようかなと、考えてしまいます。


息子の学校のことがあるので、すぐに購入するのは無理なんですけど。


不動産のサイトは見ていて楽しいのです。こんな家に住みたいとか、イメージできますし、お金貯めようとか、仕事頑張ろうという気持ちになります。


見るだけではなく、いつかは購入できるようになりたい。




貧乏日記 ブログランキングへ




ラベル:淡路島 不動産
posted by トモ at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田舎育ちの私から言わせると、田舎はお金がかかる。ほどほどの都会に住むべきという理論です。
自身、大学・会社勤めは実家から都内まで片道2時間の通勤通学を、約10年間続け、駅までのガソリン代、電車代で500万以上は飛びましたね。

家は安く買ったはいいが、車の維持費や子供が遠方の大学に行って結局都会に家を買うより高くつく可能性が考えてられます。
あと、田舎は教育レベルが低いように感じます(親子でヤンキーっぽい人が多いと言うか)。同じ公立でも都会の方が教育の質が良い気がします。

私(関東住み)でしたら、東京から40分程駅周辺を候補にしますね。
Posted by 峰不二子 at 2016年08月30日 23:28
>>峰不二子さん

淡路島出身の友達は進学や就職で島を出るって言ってました。あまり実家には帰ってなさそうです。

私の場合は介護職だから仕事の面では通勤が大変とかはなさそうです。

のびのびと、田舎で暮らしたいです。

Posted by トモ at 2016年08月31日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック