2016年08月07日

新規を取り続けないと生き残れない



訪問介護で働いて2か月目、短い期間ではございますが、色々と、見えてくるものがあります。



kaigo15.jpg



2か月近く働いて思うのは、入院や施設に入居したりすると、仕事がなくなることがあります。


入院や施設に入居される利用者は、介護度の重い方が多いです。


何が言いたいかと言うと、介護度の重い方が入院や特養に入居すると、一気に仕事がなくなり売り上げが落ちる。


要支援の予防介護の方の仕事がなくなっても、さほど売り上げに影響はないのですが、帯でケアに入っている利用者が同じ時期に数名入院されたりすると、売り上げが激減なんてこともあります。


売り上げを落とさなためには、1か月に3件くらいは新規を取り続けないと、いけない。


それも要支援の予防介護ではなく、できれば身体介護のケアを。


ケアマネに営業をするかしないかで、今後の売り上げが変わってくるのです。


訪問介護の事業所の倒産件数は多いです。生き残るためには地道な営業が必要になってきます。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訪問で仕事をしていた時にそれは感じましたね。
トモさんの会社は障がい者、高齢者両方でしょうか?
今は有料でヘルパーですが訪問(在宅)に戻りたいとおもいます。
Posted by かな at 2016年08月08日 06:31
トモさん
→毎日暑いですね。
ご苦労様です。

うちは、住宅型ですが、サ責いわく
身体介助をよく入れれば儲かるそうです。

特に、夜勤帯で身体を入れると
単価が跳ね上がるらしいです。

そのため、介助の要らない利用者さまに対して
無理やり的に就寝介助をしたことにして
捺印をして儲けを出してます。

このやり方は、上の命令なんで
監査に見つかれば終わりなんでしょうが、

とにかく、日報を切りまくってますよ。

Posted by たか at 2016年08月08日 09:59
>>かなさん

重度訪問介護もやってます。

身体が元気であれば、私は施設勤務に戻りたいです。
Posted by トモ at 2016年08月08日 10:44
>>たかさん

身体はお金になりますよ。
身体で1時間入るだけで、事業所に入る金額を聞いてびくりしました。

なかなかグレーな施設ですね。
運営する側の気持ちは分かりませんが、介護保険も限りがあるので、必要のないケアはいらないですよね。
Posted by トモ at 2016年08月08日 10:46
訪問は一対一のサービスですから、介護報酬が高くなりますよね。
通所は、利用者:スタッフが5:1で、介護報酬も介護に要する時間から計算すると介護1の方が割高ですから、軽度の自立した利用者を大勢入れて、少人数のスタッフでさばいたら、利益が出やすいですね。
だから通所に介護5の寝たきり重度とか入れたら絶対ダメ。脱退崩壊します。うちのデイみたいに。(笑)
Posted by デイちゃん at 2016年08月08日 16:18
>>デイちゃん

なるほど、デイサービスにはそういった内情があるんですね。

勉強になります。

Posted by トモ at 2016年08月08日 22:04
訪問て、介護1でも介護5でも、時間当たり同じ料金だと思います。で、利用限度額があるので、介護5の方が、回数が多く入れる的な。

デイは、介護1が7000円、介護5が1万2千円というように(通常規模7〜9)、一回の料金が異なります。
ただ、要介護度は介護に要する時間で決まってて、介護1は32分〜50分、介護5は110分以上。つまり介護5は介護に要する労力が介護1の2倍以上のはず。なのに介護報酬は2倍になってません。
ということは、介護1の方が割高な料金ってことになります。なので、デイには、介護1をたくさん入れたほうが得ってことですね。

まあ介護1を40人入れるのは簡単で、一日の売り上げは28万円。同じ売り上げを上げるには介護5なら23人入れなきゃいけないけど、介護5を23人なんて入れられるわけがない。そもそも送迎ができない。
つまりデイに重度を入れるのはアホな事業所なんです。うちのように。(笑)
Posted by デイちゃん at 2016年08月08日 22:22
利益を気にせず利用者本位の介護出来るのは、介護保険施設くらいでしょうね。
もし、独立まで視野に入れるのでしたら、今の事業所のスキルは役立つと思いますよ。
Posted by 峰不二子 at 2016年08月09日 00:39
>>デイちゃん

デイの料金設定はそうなってるんですね。介1の方に来ていただくほうが、運営する側も楽だし、効率もいいですね。

訪問は、介護度重いと回数は入れるし、生活援助ではなく、身体介護になるので売り上げは上がりますね。
Posted by トモ at 2016年08月09日 20:26
>>峰不二子さん


訪問介護事業所のお金の流れと、仕事の運び方まで分かるので、かなり勉強にはなります。

今やってることは財産になりそうです。
Posted by トモ at 2016年08月09日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック