2016年08月01日

透析にならないために気を遣っている5つのこと



「国民的疾患」とされる糖尿病は、自覚症状が出た時には手遅れの場合が多い。そのため「サイレント・キラー」とも呼ばれるが、いまや患者数は310万人に達し、さらにその1割の約32万人が人工透析による治療を受けている。俳優の渡辺徹(55)もその1人で、いつの間にか“成人病のデパート”と化していた。




SAYA16010436IMG_5049_TP_V.jpg



渡辺徹ってテレビでドカ食いしたりしてました。家では妻の榊原郁恵の目を盗んで、夜中に冷蔵庫の食べ物を夜中に食べるなどのエピソードをテレビで語ってました。



私もクレアチニンの値が高くて、入院したので、人のことをとやかく言うことはできませんが、退院してからは腎臓にかなり気を遣っています。




 1 塩分を控える



家では減塩醤油、減塩ダシの素を使用した料理を食べています。退院したてのことは味が薄いと、感じてましたが、退院して2か月経過すると味に慣れてきます。


たまに外食をした時に味の濃さにびっくりします。


2週間に1回ぐらい外食をするのですが、メニューを見て塩分の使用料を確認します。


自分の食べたいものより、どれだけ塩分を使っていないかを確認して食べるのが、当たり前になっています。




2 たんぱく質を控える


肉類、魚類は1日80グラムしか摂りません。朝、昼、夕で80グラムなので、夕食に肉が食べたいときは、朝、昼はたんぱく質のあるものは食べないようにしています。


焼肉なんて行っても、肉3切れくらいしか食べれません。退院してからは焼肉屋さんには行かなくなりました。




3 野菜は火を通したもの


カリウムを控えないといけないので、生野菜は食べれません。必ず、火を通して食べます。あと、果物は一切食べなくなりました。スイカぐらいなら食べてもいいらしいですが、一切食べないようにしてます。


缶詰の果物は医師から許可されていますので、どうしても食べたくなったら缶詰の果物を食べようと思います。



4 食事量を減らす


私はバイキングなどの食べ放題が大好きで、ぐるなびでバイキングの店を探してはバイキングに出かけてました。


しかし、腎臓にドカ食いは厳禁。バイキングには行ってませんし、今後も行こうと思いません。体重の増加は腎臓に負担がかかるので、夕食は茶碗に半分のご飯で、おかずは塩分を控えた物を食べてます。



5 安静と軽い運動


ケアとケアの間に時間があった時や、仕事から帰ってきたら1時間は横になって安静にしています。寝なくても30分目をつぶるだけで、腎臓の負担がかなり軽減されるみたいです。


夕食後に長男と30分散歩することが日課になっています。安静だけでなく、軽い運動もしないといけません。



以上の5つを守っています。



最初は食べたいものが食べれないので、苦痛でしたが、MAX93キロあった体重が70キロまで痩せたので、身体には良いです。


太ってるときは写真を撮られるのが嫌でしたが、痩せてからは少し男前になった気がするので、写真を撮る回数が増えたし、鏡を見る頻度も増えました(笑)


透析は受けたくないし、何より二人の子供のために1日でも長生きしたい。この2つがあるので、腎臓に気を遣った生活ができているのかもしれません。


すぐに調子に乗る性格なので、過信は禁物で継続します。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になります
自分は食えなくなり1日1000カロリー程度です
米やパンは月に数回でおかずのみです
Posted by 黒船 at 2016年08月02日 21:16
>>黒船さん


かなり制限があるのですね。
私も長生きしたいので、これからも節制は続けていこうと思ってます。
Posted by トモ at 2016年08月04日 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック