2016年07月23日

13年と6か月



交際期間を含めると、妻と13年と6か月も一緒にいることに気付きました。出会った頃を思い返すと、付き合う可能性はあったとしても、結婚して家族になって子供二人に恵まれるまでは想像してません。


交際スタートした頃は、無職でお金がなくて、貯金を切り崩して生活してました。デートも街中を散歩したり、公園で缶ジュースを飲むぐらい。


営業の仕事をしてもすぐに嫌になったら転職して、安定した生活するまでは時間がかかりました。


ケーブルテレビの営業に転職したぐらいからお金が貯まり始めて、結婚を意識したんですけど、付き合って1年半ぐらいはデートらしいデートはしなかったです。


普通の人であれば、その1年半の期間で、三下り半つけるという選択をするとは思いますが、私のことを長い目で見てくれたので、結婚までに至ったのです。


顔面偏差値30点の私が、上野樹里に似ている妻と結婚したので、美女と野獣と冷やかされたり、私が惚れたと思われることが多いのですが、これまた不思議なことに逆。


世の中には変わった人がいるものです。


腎臓の病気でも家族4人が仲良く暮らしていけるのは、妻のおかげなのです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック