2016年06月17日

オバサンヘルパーの脚力


登録ヘルパーと利用者様宅をに同行訪問します。登録ヘルパーは、ほとんどが50代ですが、脚力が半端ないです


専ら自転車で移動になります。私は30代ですが、オバサンヘルパーの自転車移動についていくのに必死。


凄いスピードで自転車を漕ぐので、利用者様宅に到着すると、こっちは汗だくで息切れ。ケアをするどころではありません。


理想は現地集合でゆっくり行きたいのですが、引っ越して1年で、土地勘がないので、ついていくしかないのです。


オバサンヘルパーは住宅街を颯爽と走ります。信号や車の交通量が少ないので、大通りは走りたくないみたいです。土地勘ないので、目印になるようなとこを通ってほしいのですけどね。


明日も1日6軒訪問するのですが、オバサンの脚力について行きます。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自転車移動で訪問介護は大変ですよね。暑いし寒いし。
ただ上手く営業して仕事が増えて、ヘルパーが確保出来れば制限無く利益はあげれますけどね。難しいけど。
Posted by スケハチ at 2016年06月18日 06:59
やっぱり「おばちゃん介護士」あっての介護業界ですね。
僕もつくづくそう思います。

おばちゃんパワーといいましょうか?
凄いものをもっておりますね。

Posted by たか at 2016年06月18日 08:43
>>スケハチさん

移動は大変ですね。
来月ぐらいに名刺ができて営業に回るみたいです。
Posted by トモ at 2016年06月18日 22:49
>>たかさん

訪問のオバサンは凄いですよ。
圧倒される日々を送ってます。
Posted by トモ at 2016年06月18日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック