2016年04月03日

離職を減らすには福利厚生に力を入れるべき



かなり福利厚生が充実しています。配偶者手当、扶養手当(二人分)で結構な金額になります。会社も長く働いて欲しいので福利厚生に力を入れているんだと思います。


独身の人には悪いですが、かなりのお得感があります。既婚男性職員は辞めるに辞めれないでしょう。



結果的に半数の職員が5年以上働いていますから。



モチベーションは上がりませんが、ダラダラ長くいそうな気がします。





貧乏日記 ブログランキングへ




ラベル:離職 福利厚生
posted by トモ at 02:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
介護で給与手取り20万円なんて数回しかありません。

ほとんどが手取り18万円とかです。

今のとこなんて夜勤は4回なんで18万円くらいです。

それでも、人間関係も良いし、
働きやすいんで、しばらくは居ようと思います。

給与なんて初めから期待してませんから
僕は最低限の水準で生活できればそれで構いません。
Posted by たか at 2016年04月03日 11:21
>>たかさん

人間関係大事ですよね。

私の場合は長男のこともあるので、稼がないといけませんし、長生きもしたいです。
Posted by トモ at 2016年04月04日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック