2016年03月11日

身の丈にあった生活を心がけていますので大丈夫です




妻がTSUTAYAで「夜行観覧車」というドラマを借りてきて、一緒に1話から4話まで見ました。









普通のサラリーマン一家が、高級住宅街に引っ越したばかりに色んな災難が降りかかる内容でした。高級住宅街のしきたり、ご近所付き合い、娘がいじめにあったり、家庭内暴力があったり。



家を買うまでは普通の幸せそうな一家だったのに・・・・



1話で家計簿をつけているシーンがありました。3人で暮らして43万円かかっていました。その内、住宅ローンは17万円。



ドラマの中で宮迫が35年ローンと言っていたので、シュミレーションすると。



35年ローン、元金均等返済、固定金利1%で約5300万の住宅ローンで総返済額 62,296,910円になりました。ドラマで出てくるひばりが丘は、関西でいうとこの芦谷とか夙川になるんでしょうか。



住宅ローン以外にもご近所付き合いでお金がかかり、結局パートにでるんですけど。



娘が、「ひばりが丘に引っ越さなければ、パートに出ることもなかったのに」の一言に納得してしまいまった。



私は中古の戸建て、駐車場付きで家賃62000円に住んでいますが、タワーマンションに住みたいとか、綺麗な新築一戸建てに住みたいとかの欲望も人並にあります。



でも、無理していい所に住んでも、住宅ローンで家計を圧迫して、外食の回数が減ったり、服買う回数が減ったり、夕食のおかずが一品減ったりすると嫌ですからね。



私は今の家で、家族4人で明るく生活できることが幸せです。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック