2016年01月27日

私も同じことを思います



「解決! ナイナイアンサー」にとにかく明るい安村が出演していた。




-shared-img-thumb-151026M_003r_TP_V.jpg




芸人として売れない時代から妻がなぜ自分に付いてきているのかが分からないと、とにかく明るい安村が語っていた。



奥さんとの馴れ初めは、合コンで知り合って芸人として月収5万。アルバイトで2万の月収7万円の時から交際しており、月収10万円になった2012年に結婚して女児が産まれた。



今でこそ、テレビに引っ張りだこの芸人ですが、かなり貧乏時代を経験していて、スーパーの試食コーナーで1食を済ませたり、パン屋でパンの耳を貰ったりしていた。お金のある時は、焼き肉屋で牛タン1人前を2人で食べて、ドリンクも頼まなかったという。



子供もできて、芸人を辞めようと決断したが妻にピン芸人でも続けた方がいいと、アドバイスされて続けることに。その半年後にブレイクしたのです。



番組の企画として、妻に「支えてくれて感謝してます。俺のどこがいいの?」と尋ねた。妻は「何?マジで?本当に思い浮かばない」と答えなかったが、妻は番組宛てにの手紙を送っていた。




やすしくんへ。こんな私だから普段は言えないこと、面と向かって言えないことを手紙で伝えます。出会って10年、結婚して4年。なんであんな生活なのにそんなに太ってしまったんでしょう。不思議です。牛タンの最後の1枚を食べたいという気持ちが顔に出てしまう素直な人。その時、この人のそばにいたらきっと幸せな家庭を築けるだろうと思いました。お金がなくてもあなたといたら不思議と楽しい。あなたが芸人をやめたら、そんな笑顔で明るいあなたを見られなくなると思ったのです。笑顔の絶えない家庭を築けているのも全てあなたのとにかく明るい人柄のおかげです。安心して下さい、ずっと一緒にいますよ




最後の「安心して下さい、ずっと一緒にいますよ」にグッとくるものがありました。



私も同じことを思うことがあるんです。とにかく明るい安村みたいにブレイクはしていませんが、介護に転職した頃は狭いハイツに住んでいました。



手取り16万円で、家賃などの固定費の支払いを済ますと、手元に2万〜3万ぐらいしか残らないのです。営業時代に貯めた貯金があったけど、手をつけずに食費、日用品を2万〜3万で遣り繰りしてくれてました。




妻は上野樹里に似ていて、学生時代からそれなりにモテたと思います。実際、卒アルとか見ると、可愛かったです。だからお金もない、容姿も良くない私と結婚して、文句も言わずに付いてきてくれる妻を不思議に思うのです。



結婚して8年目ですが、今でも「もっと、ええ奴と結婚したら良かったのに」と、思います。



他人より勝るものと言えば、転職回数だけですから(笑)



明日、聞いてみようと思います。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 02:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聞かないほうがいいんじゃないかな。
聞かないほうが同じリズムで生活できます。

あんたのブログ好きですよ。ちゃんと本音かいてくれるから。
更新大変だろうけど、かけるときにかいてください。
Posted by むさ at 2016年01月27日 09:23
>>むささん

ブログ好きですよの言葉をいただくと更新する力が漲ってきます。
毎日、1記事を目標に更新していきたいです。
Posted by トモ at 2016年01月27日 22:35
自分はうまくいかなくて離婚しました。
独りが好きなんですよね…。
Posted by 大伴細人 at 2016年01月27日 22:54
>>大伴細人さん


1人が楽って言う人もいると思いますが、私は寂しがり屋なので、結婚して良かったと思います。
Posted by トモ at 2016年01月28日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック