2016年01月20日

生きるため、家族のために働くのです



ガテン系のアルバイトに行ってきました。年齢的に私は上から3番目で、ほとんどが、20代前半の若者の職場でした。



給料の方は、1現場6500円で2現場こなしてきたのですが、世の中にはこんなキツイ仕事があったのかと、思い知らされました。



筋肉痛で体はボロボロになって、日当13000円。同じ金額を稼ぐのであれば、コールセンターで10時間客の相手をしている方が100倍楽です。



一番上の人は40代後半で、フルで働いて月収40万稼いでいるとのことでしたが、真似できません。確実に体を壊します。



40代後半の人は、慣れとコツがあると語っていましたが、コツを習得するまで体が持たない気がします。



仕事の方は毎日、あるみたいで次はいつ来れるか聞かれましたが、体が回復するまで自宅で安静にします。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ブログ内容共感できる事がたくさんあります。私も妻と3歳の子供がおり某社協の委託の施設にて主任介護員として働いてます。
保有資格は社会福祉士と介護福祉士です。
僕は年齢は32歳なんですが、もう福祉業界を4回も転職してます笑
でも1回目〜4回目まで給料水準は上がっております。年収も450くらいです。
福祉業界はへんなおばばが多いですよね笑
指導すると逆ギレされたり、急に辞めたり、手より口しか動いていなかったり、変わり者多いと思います。
男はその変な重圧に耐えてくしかないですね〜でも施設ならすぐに男は出世できるはずですね(^^)妻子ある身共に福祉業界で頑張っていきましょう
Posted by nabewo at 2016年01月23日 14:36
>>nabewoさん


社協で働かれているんですね。
同じ介護職でも安定されていますね。

口ばっかのおばヘルはどこもいますよね。
介護職のあるあるです。


Posted by トモ at 2016年01月24日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック